文字サイズ

    Jリーグ

    J3北九州、最終戦ドロー9位…今季13勝7分け12敗

     サッカーJ3・ギラヴァンツ北九州は3日、長野市の長野UスタジアムでAC長野パルセイロとの最終節を戦い、1―1で引き分けた。今季の通算成績は13勝7分け12敗(勝ち点46)、順位は9位で今季を終えた。

     1点を追う後半18分、今季限りでの引退を表明しているDF西嶋弘之選手のクロスボールを、MF花井聖選手が頭で合わせて同点に。その後も果敢にゴールに迫ったが、勝ち越すには至らなかった。

     ギラヴァンツは今季、「1年でのJ2復帰」を目標に掲げていたが、不安定な戦いぶりで勝ちきれない試合が多く、今季の最高順位は6位と低迷。10月29日の他チームの試合結果で、J2昇格の可能性が消滅していた。

    2017年12月04日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発