文字サイズ

    Jリーグ

    ギラヴァンツ社長に玉井氏

     サッカーJ3・ギラヴァンツ北九州の運営会社は5日、北九州市小倉北区の同社で取締役会を開き、原憲一社長(65)の後任に、西日本新聞社営業本部・地域戦略担当兼企画事業室長の玉井行人氏(60)を内定した。今月下旬の株主総会で正式に決定し、2018年1月1日に就任する。

     玉井氏は、北九州市若松区出身。早稲田大を卒業後、1983年に西日本新聞社に入社。久留米総局長などを経て、2013年6月~17年6月に執行役員・北九州本社代表を務めた。

     ギラヴァンツ北九州は10年、日本フットボールリーグ(JFL)からJ2に加入。昨季は最下位の22位となり、J3に降格した。チームは今季、「1年でのJ2復帰」を掲げたが、13勝7分け12敗(勝ち点46)の9位に終わった。原田武男監督も今季で退任する。

    2017年12月05日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    スマートフォン版九州発