文字サイズ
    東京モーターショーなどクルマに関する人気イベントの様子を写真でお伝えする特集コーナーです。

    4代目プリウス、米で世界初公開…燃費10%向上

    • 世界初公開された4代目プリウス(北米仕様)(8日、米ラスベガスで)=小川直樹撮影
      世界初公開された4代目プリウス(北米仕様)(8日、米ラスベガスで)=小川直樹撮影

     【ラスベガス=小川直樹】トヨタ自動車は8日、6年ぶりに全面改良した主力ハイブリッド車(HV)「プリウス」の新型モデル(北米仕様)を米ラスベガスで世界初公開した。

     1997年の発売以来、世界のHV市場を切り開いた看板車種の4代目となる。中核モデルの燃費性能を3代目よりも10%高め、HVでは世界最高としている。

     日本仕様の燃費性能は、カタログ値でガソリン1リットルあたり40キロ・メートルに達するとみられ、同社の小型HV「アクア」(37・0キロ・メートル)を上回る見通しだ。国内では10月29日に開幕する東京モーターショーで披露され、2015年末に発売する。

     4代目は、ハイブリッドシステムを小型軽量化したほか、エンジンの効率を改善して燃費性能を一段と向上させた。自動ブレーキなど安全機能も強化した。トヨタの新しい設計・生産手法を採用した第1弾で、走行性能の向上とコスト削減を両立させたという。

     プリウスは、累計の世界販売台数が350万台を超えている。

    2015年09月09日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿