<速報> 自民、絶対安定多数を確保…衆院選
    文字サイズ
    モータージャーナリストの御堀直嗣さんが、話題の新車に試乗、乗り心地、性能ついて詳しくお伝えするコーナーです。

    運転支援機能などが進化 日産エクストレイル (Vol.525)

    • 今回試乗したのは、排気量2000ccガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車
      今回試乗したのは、排気量2000ccガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車

     日産自動車のスポーツ用多目的車(SUV)であるエクストレイルがマイナーチェンジをし、運転支援機能のプロパイロットがメーカーオプション設定された。プロパイロットの設定は、同社のミニバンのセレナに次いで2車種目となる。

     今回は、エンジン車とハイブリッド車二つの動力源を選べるエクストレイルのうち、ハイブリッド車に搭載されたプロパイロットを試した。

     プロパイロットとは、高速道路での走行において、アクセル、ブレーキ、ハンドルを自動的に制御し、より安全で滑らかな運転を支援する機能である。もちろん運転中の責任は運転者にあり、自動運転となったわけではない。それでも、プロパイロットを利用することで、運転の疲労軽減や、同乗者の快適な乗り心地を促してくれる。

    • 運転支援のプロパイロットは、フロントウィンドー上端中央に設置された単眼カメラで前方の様子を検知する
      運転支援のプロパイロットは、フロントウィンドー上端中央に設置された単眼カメラで前方の様子を検知する
    • プロパイロット作動の様子は、メーター中央のインジケーターに表示される
      プロパイロット作動の様子は、メーター中央のインジケーターに表示される

     ミニバンのセレナにまず採用されたとき、運転者のためという以上に、3列目の座席の乗員などの車酔いを抑えるような滑らかな走行が印象深かった。

    • マイナーチェンジにより、インストルメントパネルやハンドルのデザインが変更された
      マイナーチェンジにより、インストルメントパネルやハンドルのデザインが変更された

     マイナーチェンジを受けたエクストレイルでは、運転支援を実現する装置に変わりはないものの、さらにプロパイロットの性能が進化したと感じることができた。

     一つは、高速道路の同一車線内を維持しながら走るハンドル制御を行う部分で、車線内の真ん中を維持するためセレナではやや小刻みにハンドル修正が行われたが、エクストレイルでは自動修正していると気づかないほど穏やかな操作になっている。それでもきちんと車線の中央を維持して走行し続け、なおかつ、セレナでは車線のやや左寄りと感じられた走行維持が、まさしく車線中央を走っていると運転席から見えるように改善された。

     次に、前を走るクルマに追従しながら車間距離を調節する機能が、より自然になった。たとえばインターチェンジなどの加速車線から高速道路へ合流してくるクルマや、追い越し車線から隣の車線に入り込む際の後ろのクルマとの車間距離を調節するときの加速や減速、その作動開始時期がスムーズで、あたかも自分で運転しているかのようだ。

     加減速の改善について、日産側は、試乗したのがハイブリッド車であったため、モーター制御をきめ細かく行えるためではないかと説明する。エンジンにくらべ、モーターは素早く、また加減速の微調整を最適に行える能力を持つ。というのも、エンジンでは、加減速の指令がコンピューターから出されたあと、燃料供給量が調整され、それにしたがって燃焼が行われ、ピストンが動いてはじめて加速や減速を行うが、モーターなら、電流量を増減させるだけでたちどころに速度調節できるからである。

    • シート地や形状を工夫し、アウトドア活動で汚れたり、ぬれたりした服装のまま乗り込んでも掃除が楽な室内の仕立てがエクストレイルの人気の一つでもある
      シート地や形状を工夫し、アウトドア活動で汚れたり、ぬれたりした服装のまま乗り込んでも掃除が楽な室内の仕立てがエクストレイルの人気の一つでもある
    • エクストレイルのハイブリッドシステムは、ガソリンエンジン+モーター+CVTの組み合わせ
      エクストレイルのハイブリッドシステムは、ガソリンエンジン+モーター+CVTの組み合わせ

     このため、将来へ向けた自動運転車の開発を、日産は電気自動車で行っているほどである。なおかつ日産は、自動運転がどれほど快適で安全な走行をもたらすか、少しでも早く消費者にその一部を経験してほしいと考え、日産車のなかでも売れ筋のセレナで、まず導入を開始し、次いで、アウトドアスポーツなど遠出の際の利用機会が多いであろうSUVのエクストレイルでの採用を行った。そして、次にプロパイロットが採用されるのは、9月に発表予定の電気自動車、リーフの次期型である。

    • 汚れや傷が付きにくく、しかも滑りにくい防水仕様も用意し、汚れ物やぬれた物をそのまま置いても掃除が楽なように仕上げられている
      汚れや傷が付きにくく、しかも滑りにくい防水仕様も用意し、汚れ物やぬれた物をそのまま置いても掃除が楽なように仕上げられている
    • 両手がふさがっているとき、足先をリアバンパーの下へ入れると、自動的に開閉するリモコンオートバックドアが新採用された
      両手がふさがっているとき、足先をリアバンパーの下へ入れると、自動的に開閉するリモコンオートバックドアが新採用された

     新型リーフには、あわせてノートe-Powerで搭載された、アクセルペダルだけで加減速を調節できるe‐Pedalや、駐車操作のすべてを自動で行うプロパイロット・パーキングが新採用されるという。自動運転の実用化へ向け、日産の新車は次々に運転支援機能の幅を広げ、市場へ送り出そうとしている。

     そのなかで、第1弾として登場したプロパイロットの機能も、着実に進化し、より身近な装備となっていることを、エクストレイルで体感することができた。

    2017年08月08日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    御堀直嗣   (みほり・なおつぐ
     1955年、東京都生まれ 。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。 スキューバダイビングや乗馬を楽しむアクティブ派でもある。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿