<速報> 測位衛星「みちびき」3号機打ち上げ
    文字サイズ
    トヨタの新車試乗記です。

    TNGAは次のステージへ、新型C-HRの魅力

    カッコよさが一番、走りも壮快さを追求

    • 壮快な走りで屈曲路を駈けるC-HR
      壮快な走りで屈曲路を駈けるC-HR
    • C-HRの開発責任者である古場博之主査
      C-HRの開発責任者である古場博之主査

     2015年の東京モーターショーに展示され、話題をさらったトヨタのコンパクトSUV「C-HR」が、いよいよ販売間近となり、メディア関係者を対象に事前の試乗会が催された。

     その会場で、C-HRの開発を担った古場博之主査は、こう語った。

     「SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ヴィークルということですが、C-HRについては、スモール・ユーティリティ・ヴィークルという価値を考えました。

     コンパクトSUVを買うお客様を見ると、カッコよさに惚れ込んで、その使い方は、市街地が主で、荷物をあまり積まず、一人~二人で乗ることが多い。カッコよさのためにユーティリティを割り切るという意味で、スモール・ユーティリティ・ヴィークルであると。

     もう一つは、これまでのSUVは背が高いため、クルマの運動性能ではロールが大きいとかもっさりしていると、乗用車から乗り換えのお客様には不満がありました。そこで、C-HRは視界がよく、キビキビと走れることから、クロス・ハッチ・ランナバウトの意味も車名に込めています。

     SUVのような下半身の力強さと、クーペのようなスピード感のある上半身を持つクロスオーバー車がC-HRであり、ハッチバック車のようにキビキビ走るクルマということです」

    もっといいクルマづくりのための改革

    • トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)の開発に携わる安部朋彦主幹
      トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)の開発に携わる安部朋彦主幹
    • 共通のプラットフォームから、プリウス(左)とC-HR(右)のように個性の異なる新車が生み出される
      共通のプラットフォームから、プリウス(左)とC-HR(右)のように個性の異なる新車が生み出される

     トヨタは、将来に向け採用を拡大するTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)というクルマの開発方法を生み出した。TNGAは新型プリウスから採用が始まり、C-HRはTNGAの第二弾となる。

     TNGAの開発を担う安部朋彦主幹は、「TNGAとは、いいクルマづくりのための社内改革です。いいクルマをつくる、商品力を上げるための手段です。

     ドライビングポジションとか、低重心、高い剛性など、クルマの基本となる普遍的な性能を、車種を問わず底上げすることができます。ここは、幅広くほかのクルマと共有することができ、結果的にそこで浮いた資源を、次のいいクルマ作り、魅力を高める部分に回していくことができ、お客様の利点につながります」と、説明する。

     同じプラットフォームを使いながら、プリウスとC-HRというように、異なった個性を発揮させることができるうえ、時代の要請である環境、安全、走りを同時に成り立たせるいいクルマ、調和のとれたクルマにしていくことができる。

     TNGAについて、古場主査は、「C-HRでTNGAをもっとも活用できたのは、次の3点です」と、話す。

     「コンパクトに凝縮されたTNGAプラットフォームにより、デザインの自由度が上がり、カッコいいクルマを好きなように作れる。C-HRにとって、ここが最大の利点です。

    • カッコよさにこだわり、SUVの逞しさとクーペのようなスポーティさを併せ持つデザイン
      カッコよさにこだわり、SUVの逞しさとクーペのようなスポーティさを併せ持つデザイン

     二つ目は、重心が下がり、走りのいいSUVにできたこと。三つ目は、高い剛性を得られたことです。

     従来、日本のクルマが欧州車と比較されたとき、走りに不満の声もありましたが、トヨタでもこういうクルマが作れるんだということを、C-HRで実現できたと思います」と付け加える。

     実際、C-HRはプリウスと基本のプラットフォームを共有するが、大径タイヤを装着するための専用部品や、高い着座位置を実現するための部品を追加で装備している。

    C-HRの走りは、いかに

     C-HRはコンパクトSUVというジャンルに属する。近年、コンパクトなSUVの人気は非常に高まっており、この傾向は、日本だけでなく、ヨーロッパやアフリカ、オセアニアなどにも広く及んでいる。

     古場主査は、「開発を始めた2010年ごろは、ヨーロッパで人気の高まっているコンパクトSUV市場に、あとから参入するクルマとして考えていましたが、その後、アメリカでもこの市場が大きくなり、世界戦略車として埋没しないことを目標に、何か新しいもの、何か違うもの、独特さを持ったクルマとして開発しました」と、力説する。

     C-HRの車体寸法は、全長が4360mm、全幅が1795mm、全高が1565mmで、プリウスよりちょっと短く、ちょっと幅広く、全高は高めという大きさだ。全幅が1800mm以下なので、マンションの駐車場でも止めやすいだろう。

    • ハイブリッド車に搭載される1800ccエンジンは、プリウスと共通
      ハイブリッド車に搭載される1800ccエンジンは、プリウスと共通
    • 削り出された彫刻のような車体表面のデザイン
      削り出された彫刻のような車体表面のデザイン

     パワーユニットは、排気量1800ccのガソリンエンジン(98馬力)+電動モーター(72馬力)のハイブリッドと、排気量1200ccのターボエンジン(116馬力)の2種類。ハイブリッド車はFF(前輪駆動)で、ターボエンジン車は4輪駆動方式を採用する。

     外観デザインの基本は大径のタイヤで、タイヤの大きさが車高の約半分までくるという姿により、下半身の強さや安定性を見せている。車体の表面は、削り出された彫刻のような面で構成され、モーターショーに展示されたコンセプトカーがそのまま世の中に登場したような雰囲気を持つ。

     いよいよ試乗の様子をお伝えしよう。硬めでしっかりしたシートに乗り込むと、高い視界ならではの広々した風景が目に入る。SUVというと、砂漠やジャングルの道なき道を走るクルマとの印象があるかもしれないが、C-HRにはそうした埃っぽさも泥臭さもない。スポーツカーを彷彿とさせる運転席まわりは、クールな印象だ。

     ハイブリッド車は、バッテリーの充電容量が残っているうちはEVモードでエンジンを使わず走ることができる。試乗の場では、時速60kmまでEVモードで走ることができた。EVモードによって、滑らかかつ静かに加速できるのは嬉しい。

    • スポーツカーを思わせるような運転席周り
      スポーツカーを思わせるような運転席周り
    • 荷室も不足のない広さを持ち、実用性も兼ね備えたコンパクトSUVに仕上げられている
      荷室も不足のない広さを持ち、実用性も兼ね備えたコンパクトSUVに仕上げられている

     ターボエンジン車は、軽快に回転を高めていく勢いあるエンジンを活かした、俊敏な走りが魅力的だ。4輪駆動であることにより、4つのタイヤへ上手に駆動力を配分していることもあり、カーブでの安定性も高い。

     SUVの魅力は、その名のとおりスポーツとユーティリティが共存しているところにある。C-HRは、その素質を見事に体現している。

     車両説明では、「デザインのために、後席の空間と荷室の広さは多少犠牲にした」との解説もあったが、十分に実用性のある水準に仕上げられているのも確認した。走って楽しく、実用性も高いクルマがC-HRといえる。

     最後に、TNGAの今後の車両展開について、安部主幹は「2020年には、約半数のトヨタ車がTNGAの思想に基づいたクルマになっていきます。国内は、後輪駆動のクラウンやマークX、あるいはフレームを持つ四輪駆動車など、どのような形態のクルマにも、いいクルマづくりの構造改革として適応していきます」と、今後への展望を紹介した。

     (文&写真:諸星陽一)

    2016年11月21日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿