文字サイズ
    トヨタの新車試乗記です。

    トヨタブランド初の車線維持支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を体験

    アルファード/ヴェルファイアで実感

    • マイナーチェンジをしたアルファード/ヴェルファイアに、トヨタブランド初のLTAが搭載された
      マイナーチェンジをしたアルファード/ヴェルファイアに、トヨタブランド初のLTAが搭載された

     高速道路など自動車専用道路で、車線維持に必要な運転支援操作を行う「レーントレーシングアシスト(LTA)」が、マイナーチェンジしたアルファード/ヴェルファイアにトヨタブランド車種として初めて搭載された。そこで、さっそく試乗してみた。

     まず、LTAとは――トヨタの予防安全パッケージであるToyota Safety Sense(トヨタ セーフティ センス)に組み込まれている機能で、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)の作動時に、車線維持に必要な運転操作をクルマが支援する。

     具体的には、フロントウィンドー上端に設置された単眼カメラと、フロントノーズ先端の中央に装備するミリ波レーダーによって、前を走るクルマと適切な車間距離を維持しながら自動追従走行をしているとき、道路左右の白線を認識して車線の中央を維持しながら走行するよう、電動パワーステアリングが自動的に操舵(そうだ)する機能である。ただし、これは、自動運転技術におけるレベル2に該当する装置であり、運転者がハンドル操作をすることが前提で、それを補助する機能である。したがって、運転に関わる全責任は、運転者にある。

     今回、マイナーチェンジをした上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアにトヨタブランド車として初めてLTAを採用するにあたり、開発を担当したトヨタ自動車第1先進安全開発部 第12開発室の勝田寛人氏は、開発の苦労を次のように語る。

     「セダンなどの乗用車に比べてミニバンは車高が高いため、カーブなどで車体の傾きが大きくなりがちなところがあります。そこで、ハンドル操作が強くなりすぎないように配慮した制御を開発しました。同時に、ハンドル操作が大きくなりすぎたり、状況判断から操作が遅れたりといったスムーズでない余計な作動になると、かえって車酔いを起こすなど乗り心地にも影響を及ぼします。このため、的確な車線維持と、快適な乗り心地を両立できるよう仕上げるのに苦労しました。安心してご利用いただける作動と、信頼していただける的確な車線維持を目標に開発しました」

    • LTAは、フロントウィンドー上端のカメラによる車線の白線認識と、前を走るクルマの走行軌跡を基に、車線を維持して走行するためのハンドル操作の支援を行う
      LTAは、フロントウィンドー上端のカメラによる車線の白線認識と、前を走るクルマの走行軌跡を基に、車線を維持して走行するためのハンドル操作の支援を行う
    • フロントウィンドー上端の中央に、カラー画像の単眼カメラが設置されている
      フロントウィンドー上端の中央に、カラー画像の単眼カメラが設置されている

    安全性向上に加え、快適ドライブにも有効

    • ハンドル右側のスポークにある左下のスイッチを押し、次に、右下のレバーによりレーダークルーズコントロールを作動させると、レーントレーシングアシスト(LTA)が作動を開始する
      ハンドル右側のスポークにある左下のスイッチを押し、次に、右下のレバーによりレーダークルーズコントロールを作動させると、レーントレーシングアシスト(LTA)が作動を開始する

     では、さっそく試乗してみよう。

     まず感じたのは、開発者・勝田氏の説明通り、背の高いミニバンでありながら自然なハンドル操作支援により、クルマの走行安定性が損なわれないことであった。それによって、乗り心地も快適だ。人が操作を行うのと同じようなハンドルさばきに、信頼のおける装置に仕上がっていることを実感する。

     また、車線の白線は、路面状況によって塗装が薄れていたり、補修のため簡易的にテープ等で白線を代替していたりする箇所もあったが、LTAは前を走るクルマへ追従することで車線を維持する機能も加えられているため、先行車両があればそれについて行くので、問題なく走行車線を守って走り続けた。

     都市高速道路にあるような急カーブでは機能が停止されるが、高速で走る自動車専用道路では、カーブでも滑らかにハンドル操作が支援され、安心して走行できた。

     そこから気付かされたのは、LTAを利用することによって、運転者のハンドル操作も無駄のない滑らかな動かし方になるということだ。ハンドルを握り、LTAの支援に従ってハンドルを回していくと、余計な回しすぎや、それによる切り戻しといった操作が減る。無駄のないハンドル操作は同乗者にとってもありがたく、体が揺れにくくなる。ことに3列目の座席は一般的に車酔いを起こしやすく、余計な揺れのないハンドル操作は、ミニバンでの外出を同乗者にも苦にさせないはずだ。

     LTAは、従来からの車線逸脱警報や車線逸脱抑制機能も備わり、車線逸脱の可能性を表示や警報で知らせるとともに、逸脱を避けるために必要なステアリング操作の一部を支援することで、白線だけでなく縁石などによる境界も認識してはみだしによる事故の予防安全に大きく貢献する。それだけでなく、快適なドライブにも一役買う装備といえる。

    • レーントレーシングアシスト(LTA)作動時には、写真のような表示がマルチインフォメーションディスプレーに現れる
      レーントレーシングアシスト(LTA)作動時には、写真のような表示がマルチインフォメーションディスプレーに現れる
    • ミニバンの3列目の座席に座った人も、滑らかなハンドル操作支援により快適に乗車できるのではないだろうか
      ミニバンの3列目の座席に座った人も、滑らかなハンドル操作支援により快適に乗車できるのではないだろうか

    ほかにも安全のための新機能が充実

     トヨタは、車両に搭載される個々の安全技術やシステムを独立して考えるのではなく、連携を図り、あらゆる運転の場面でより高次元な運転者支援を追求していく統合安全コンセプトに基づいた運転支援機能の充実を進めている。

     トヨタの予防安全パッケージであるトヨタ セーフティ センスは、このマイナーチェンジにより、アルファード/ヴェルファイアの全車種に標準装備された。

     アルファード/ヴェルファイアでは、LTAだけでなく、同じくトヨタブランドで初となる歩行者(昼夜)・自転車(昼)検知機能付衝突回避支援タイプのプリクラッシュセーフティや、道路標識の見落としを予防するロードサインアシストを採用している。

    • デジタルインナーミラーの活用により、より視野の広い後方確認ができる
      デジタルインナーミラーの活用により、より視野の広い後方確認ができる

     今回の試乗でもう一つ体験したのは、車両後方カメラの映像を、ルームミラー内に映し出すデジタルインナーミラーである。これは、通常の鏡タイプのルームミラーに比べ、より広角で後方を確認することができ、ことに背の高いミニバンにおいて、鏡タイプでは認識できなかった車両直後の子供(試乗会場では人形)の姿を、デジタルインナーミラーに切り替えると確認できたことであった。走行中の後方確認だけでなく、後退の際などでの車両直後の確認にも一役買うのを実体験することができた。

     こうした安全機能が充実することにより、それを単にクルマに任せて人が楽をするのではなく、より一層の安全運転や、快適ドライブに役立てることで、クルマでの外出をいっそう楽しめたらいい。

    (記事と写真:御堀直嗣)

    2018年02月22日 10時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿