<速報> 横綱・稀勢の里、九州場所10日目から休場
    文字サイズ
    スポーツタイプの新車に関するニュースをお伝えします。

    「歩行者を保護する」新型インプレッサがデビュー

    • 正式発表された新型インプレッサ
      正式発表された新型インプレッサ

     富士重工業(スバル)は13日、国産車では初となる歩行者保護エアバッグを装備した新型「インプレッサ」を正式発表した。

     1992年の発売開始以来、5代目となるインプレッサは、同社が次世代モデルの第1弾と位置づける戦略車。新開発エンジンを搭載したほか、歩行者と衝突した場合に運転席前方に仕掛けられたエアバックが作動する「歩行者保護エアバッグ」と、運転状況に応じて自動ブレーキなどの制御を行う「アイサイト」を全車に標準装備するなど総合安全性能を向上させたという。5ドアハッチバックの「SPORT」と4ドアセダン「G4」の2タイプを用意。

     吉永泰之社長は「お客様に提供する価値として追求してきた『安心と愉(たの)しさ』を改革的に進化させた車だ」と話した。

     価格(消費税込み)は2タイプとも同じで、2.0リットルモデル(10月25日発売)が216万~259万2000円。1.6リットルモデル(今年末発売予定)が192万2400~213万8400円。今年9月1日からの先行予約台数は、想定の倍以上となる約6000台を記録するなど早くも人気で、納車まで2~3か月かかるという。

    【動画】富士重工業本社で行われた新型インプレッサの発表会=メディア局ストリーム班撮影

    その他の動画はこちら

    2016年10月13日 18時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿