文字サイズ
    自動車業にまつわる最新ニュースをお届けします。
    スポーツ

    イタリアからEVミニカーが参入

    • (BIRO Japan 提供)
      (BIRO Japan 提供)

     かわいらしいデザインが特徴のイタリア製1人乗り電気自動車(EV)のメディア向け試乗会が7日、東京都内で開かれた。カツラダモータース(本社・兵庫県西宮市)が輸入・販売するEV「BIRO(ビロ)」で、普通自動車免許で運転できるが、日本ではミニカーに区分されるため、車庫証明などは必要ない。また、保険もファミリーバイク特約ですむため、「維持費用は原動機付自転車なみ」(カツラダモータースの桂田宗慶社長)という。デザインを重視して、ドアなどの車体にはポリカーボネート樹脂を多く使用している。イタリアでは2人乗りだが、日本の道路交通法令に従い、1人乗りとして販売する。

     最高速度は45キロ・メートル、バッテリーは着脱できるタイプもあり、屋内に持ち込み、オフィスなどで簡単に充電できる。脱着式バッテリーのタイプの場合、2~4時間の充電で55キロ・メートルを走ることができる。固定式の場合、3~6時間の充電で、100キロ・メートル走行できる。

     1人乗りEVとしては、まだ高額ということもあり、桂田社長は「ボディーに広告をつけると人目を引くので、営業車などの需要を期待したい」と話している。一般向け試乗会は今月9、10日、都内で予定。価格は125万円~(税別)。問い合わせは、カツラダモータースが運営するBIRO Japanのホームページ(https://www.birojapan.com/)まで。

    2017年09月07日 17時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿