<速報> 関脇栃ノ心、大関昇進が事実上決定
    文字サイズ
    自動車業にまつわる最新ニュースをお届けします。

    北京モーターショー開幕、目立つEV投入

    • ホンダのEV試作車「理念」(ロイター)
      ホンダのEV試作車「理念」(ロイター)
    • 日産セダン「シルフィ」のEVモデル(ロイター)
      日産セダン「シルフィ」のEVモデル(ロイター)
    • トヨタ「C―HR」EV(ロイター)
      トヨタ「C―HR」EV(ロイター)
    • トヨタ「レビン」PHV(AP)
      トヨタ「レビン」PHV(AP)

     中国最大級の自動車展示会「北京モーターショー」が25日、開幕した。2019年から中国国内で生産する自動車メーカーに対し、電気自動車(EV)などの「新エネルギー車」を一定量生産・販売することが義務づけられることから、各社とも新型EVなどの発表が相次いだ。

     ホンダは、中国市場だけで販売するEVの試作車「理念」を展示した。年内にも販売を開始する。エンジンで発電してモーターで走るハイブリッド車(HV)も、新型「アコードHV」、高級ブランド「アキュラ」の「CDX HV」などを発表した。

     日産自動車は、セダン「シルフィ」のEVモデルを世界初公開した。トヨタ自動車も、

    主要セダン「カローラ」や「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)を19年から現地生産するほか、スポーツ用多目的車(SUV)「C―HR」をベースとしたEVを20年から中国で販売する。また、高級ブランド「レクサス」からは、新型「ES」を発表。中国を世界初公開の場として選んだことで、中国市場を重視する姿勢を打ち出した。

     一般公開は29日~5月4日で、期間中に前回(2016年)入場者数(約80万人)並みの来場者を見込んでいる。中国の大規模モーターショーは、北京、上海で隔年ごとに開催されている。



    こちら
    2018年04月26日 15時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿