文字サイズ
    本にまつわる全国、世界各地の最新ニュースをお届けします。

    『落語登場人物事典』が刊行

     江戸・上方落語の約700席に登場する人物、延べ2500人を五十音順に紹介・解説する矢野誠一編『落語登場人物事典』(白水社)がこのほど刊行された。

     落語界ではおなじみのキャラクター「与太郎」は21人、「八五郎」は実に34人が紹介され、演目ごとに微妙に異なる性格を読み比べるのも楽しい。ほかにも「番頭」「女房」「酔っ払い」「大家」など、名前がない人物も、演目ごとに丁寧に解説する。

     巻末付録には「寿限無」「がまの油」「黄金餅」を始めとする「口上・言い立て」や、落語に出てくる地名や職業、落語ならではの用語なども掲載。話芸の本だけに、人物名を引くだけでなく、声に出して読んでみる楽しさも味わえる。2万4000円。

    2018年03月13日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク