文字サイズ
    本にまつわる全国、世界各地の最新ニュースをお届けします。

    「国際ブッカー賞」ポーランド人女性作家が受賞

     世界的に権威のある英国の文学賞、ブッカー賞の国際版「国際ブッカー賞」の今年の受賞作が発表され、ポーランド人女性作家、オルガ・トカルチュクさんの『逃亡派』に決まった。邦訳の版元は白水社(小椋ひかる訳、3000円)で、受賞記念の帯をかけて、書店などで売られている。

     トカルチュクさんは、1962年生まれ。ワルシャワ大を卒業後、セラピストなどを務め、作家となった。ポーランドで最も人気のある書き手の一人という。『昼の家、夜の家』の邦訳も、同社から刊行されている。『逃亡派』は、「旅」と「移動」をテーマにした116の断章が続く物語。知的な作風で、心の奥をかき乱すような言葉の雰囲気が魅力的だ。

    2018年06月12日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク