文字サイズ
    読売新聞の読書委員らによる書評のコーナーです。
    評・朝井リョウ(作家)

    『蜜蜂と遠雷』 恩田陸著

    小説の魅力すべて凝縮

     読書面が日曜の朝刊で本当によかった。五百ページ超えの二段組、大ボリュームのこの物語は、読み終わるまで私たちを放してくれない。休日に一気読みすることをオススメする。

     ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する――そんなジンクスがある芳ヶ江国際ピアノコンクールに集う個性豊かな音楽家たちが繰り広げる群像劇。養蜂家の息子として各地を転々としているため、自宅にピアノを持たず、まともな音楽教育を受けたこともない十六歳の少年・風間じん。かつて天才少女として名をせたが、母の死以来ピアノから遠ざかっていた二十歳の大学生、栄伝えいでん亜夜。コンクール参加年齢制限ギリギリの二十八歳、家庭を持つサラリーマン、高島明石。完璧な演奏技術とスター性を兼ね備えた十九歳の優勝候補、マサル・C・レヴィ・アナトール。第一次から三次予選、そしてオーケストラを従えて臨む本選まで、物語は一気に駆け抜ける。

     驚くべき点は多くある。読者にとって馴染なじみのない文化や単語であふれたピアノの世界を描きながら、膨大な量の情報が自動的に脳内で整理されていく点。コンクール参加者がピアノを弾く、という映像的には同じ場面が何度も出てくるが、どのシーンにも異なった手触りがあり、読んでいて全く飽きない点。音楽という、文字では表現しづらいはずの芸術をあまりにも豊かに描き出す著者の恐るべき筆力。ボリュームを感じさせないドラマチックな展開、魅力的なキャラクターによる語り、気づき、考察の数々、ごくごくと飲み干したくなるごちそうのような文章表現――小説で味わいたい要素のすべてが凝縮されている、奇跡のような一冊だ。

     物語も佳境に入ると、才能とは、運命とは、音楽とは何かという問いに真正面から向き合い続けた著者だけが辿たどり着くことのできた地平に、そっと招かれているような感覚に陥る。こんな小説を、私もいつか書いてみたい。

     ◇おんだ・りく=1964年生まれ。『夜のピクニック』で本屋大賞など受賞。『中庭の出来事』で山本周五郎賞。

     幻冬舎 1800円

    2016年11月21日 05時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク