文字サイズ
    読売新聞の読書委員らによる書評のコーナーです。
    評・尾崎真理子(本社編集委員)

    『石川啄木論』 中村稔著

    独創的かつ全力の鑑賞

     90歳を迎えてなお詩人、弁護士として社会に在る著者が、26歳で生を終えた永遠の青年、石川啄木の境涯を全力で伝える。

     とりわけ、23歳で書いた「食ふべき詩」(1909年)を、近現代詩史上もっとも画期的な詩論だと評価する。啄木は宣言した。詩人は第一にも第二にも第三にも「人」でなければならぬ、詩は人間の感情生活の厳密なる報告、正直なる日記でなければならぬ――。著者も厳密な報告、正直な鑑賞に徹する。掘り進めるのは啄木を破滅に導いた借金。そこから生じた家族、友人、女性らとの、複雑で不幸な関係である。

     まず、旧制盛岡中学を中退後、最初の東京行きで作った200円もの借金が、つまずきの石となる。返済のために住職だった父は寺を追われ、妻子と両親、妹まで抱え込んだ啄木は、勤め先や文学仲間、果ては年下の芸妓げいぎにまで借金を繰り返す。

     後に言語学の泰斗となる中学の先輩、金田一京助をはじめ、多くの人々がさしのべる奇特な援助が、天才の証明のように思われてくる。代用教員も務まらなかった啄木が、「時代閉塞の現状」などで示した卓抜な論評は、小樽、釧路まで新興新聞社を渡り歩くうち、挫折と引き換えに培った筆力によることも知った。読みどころはしかし何といっても、著者の独創的な鑑賞にある。

     〈たはむれに母を背負ひて/そのあまり軽きに泣きて/三歩あゆまず〉は、狂気に近い実存のおそれから生じた虚構だと読む。困窮の中でも、ローマ字日記を通じて日本語の声調を解放し、口語自由詩をいち早く芽生えさせた。そして、何の変哲もない日常の瑣末さまつに「詩」を発見した。そこに啄木の新しさがあったと強調してやまない。『一握の砂』中、著者がもっとも好きな歌は、〈高山のいただきに登り/なにがなしに帽子をふりて/下り来しかな〉。

     貧苦とはまた別の辛苦を重ねてきた著者に、これほどの情熱をもって語らせる。啄木はやはり底知れない。

     ◇なかむら・みのる=1927年生まれ。日本近代文学館名誉館長。著書に詩集『羽虫の飛ぶ風景』、自伝『私の昭和史』。

     青土社 2800円

    2017年08月14日 05時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク