文字サイズ
    読売新聞の読書委員らによる書評のコーナーです。
    評・伊藤亜紗(美学者・東京工業大准教授)

    『鉱物のお菓子』 さとうかよこ著

    • 寒天で作った「八面体蛍石」
      寒天で作った「八面体蛍石」

     寒天の蛍石ほたるいし、マジパンの藍銅鉱らんどうこう、エクレアとホワイトチョコの白雲母しろうんも…その名の通り、鉱物標本を模したお菓子のレシピ本である。シャーレや薬瓶につめられた色とりどりの結晶は、古びた標本ラベル付き。ただしその「化学組成式(材料)」は砂糖であり卵だ。面白いのは、ジュエリーでなく鉱物だからこその、質感へのこだわりだ。アクアマリンの表面は波刃ナイフでザラザラ感を出し、方解石はあくまでしっとり仕上げる。

     著者はカフェを経営する鉱物コレクター。標本が「美味おいしそう」に見えるらしい。でも逆にお菓子となった標本を見ていると、なんだか背筋がぞくぞくしてくる。甘い幸福の象徴に、鉱物という死せる自然のイメージが重なり、口にしたら最後、毒牙にかかって永遠の夢を見てしまいそう。(実際、本物の鉱物にはヒ素やウランが含まれている!)近年、食べ物も「インスタ映え」が人気だが、見た目重視もここまで極めると圧倒される。(玄光社、1700円)

    2018年01月29日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク