文字サイズ
    読売新聞の読書委員らによる書評のコーナーです。
    評・宮下志朗(仏文学者・放送大特任教授)

    『記憶の海辺』 池内紀著

    凡人には無理な芸当

     評伝、エッセイの名手でもある独文学者の自伝。身軽におさらばしたいから、年とともにたまった「糞石ふんせき」をば始末したいという執筆動機、のっけから池内紀節だ。

     ラジオで「地球の上に朝がくる」の川田晴久に聞きれ、新聞の政治漫画に夢中になる少年の姿は、すでに後年のありようを彷彿ほうふつとさせる。短歌投稿に飽きて、文学を原文で読む快楽に目覚め(きっかけはチャンドラー『大いなる眠り』!)、風刺と逆説のユダヤ人批評家カール・クラウスを専攻してウィーンに留学、「街歩きこそ授業」、カフェや劇場が教室との()理屈で授業に出ず、女優を追っかける。この選択なかりせば、飄然ひょうぜんたるエッセイの数々は生まれなかった。

     デビュー作『諷刺の文学』の段階で物書きへの手応えを感じて、間口を広げ、来たるべき日に、教師稼業をやめる日に備える。ムリな注文でも、おつりがまるという。かくして、カフカ全訳、山登り、モノを持たない生活という三大目標を立てると、東大を退職して文筆で生きていく。

     「仕事の終わりが縁の切れめ」と人間関係もバッサリ切って、「身軽になり、気分もせいせい」というが、凡人には無理な芸当だ。ゲーテ『ファウスト』の翻訳を巡る、手塚版『ファウスト』なら子供の頃から知っていたという口上がふるっている。えっ、手塚富雄訳を少年時代にと驚くなかれ。ちゃんと種明かしがあり、同じ「オサム」さん、手塚治虫のマンガ『ファウスト』のこと。手塚富雄の何代か後に東大独文科教授ポストを「道化役」として襲った当人の発言、「屈従性」を捨て、権威をふうしながら生きる精神の表れと見た。

     テレビ、新聞、パソコン、ケータイ何もなく、万年筆で原稿書いて、午前中で仕事を終えて、晩酌の時間までゆるりと過ごすのが「イケウチズム」の極意。嗚呼ああ、私もまった「糞石」を捨てないと。

     ◇いけうち・おさむ=1940年兵庫県生まれ。独文学者、エッセイスト。『恩地孝四郎』で読売文学賞。

     青土社 2400円

    2018年01月29日 05時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク