文字サイズ
    読売新聞の読書委員らによる書評のコーナーです。
    評・苅部直(政治学者・東京大教授)

    『戦間期国際政治とE・H・カー』 山中仁美著

     二十世紀の英国で、外交官・ジャーナリストとして活躍したのち、国際政治学とソ連政治史の学問分野に大きな業績をのこしたE・H・カー。一般の読者にとっては著書『歴史とは何か』で、国際政治に関心のある人には『危機の二十年』でおなじみだろう。

     カーは時にリアリストと見なされたり、ロシアに憧れる社会主義論者として批判されたりする。その一見わかりにくい多面性は、第二次世界大戦の流動する状況のなか、ヨーロッパ諸国がめざすべき新たな理想を求めながら、権力政治の現実を冷徹に見つめていた、思考の柔軟さゆえのことであった。

     その思想の構造を、本書は丹念な資料読解に基づきながら明確に描きだす。叙述から伝わってくるのは、現代の混沌こんとんとした政治状況についても、歴史の長い展望のなかでとらえてゆく営みの重要性にほかならない。

     惜しくも早世された著者による博士論文『戦争と戦争のはざまで――E・H・カーと世界大戦』(ナカニシヤ出版)も、同時に刊行された。出版をめぐる関係者の方々の努力に敬意を表したい。

     岩波書店、3200円

    2018年02月12日 05時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク