文字サイズ
    読売新聞の読書委員らによる書評のコーナーです。
    評・伊藤亜紗(美学者・東京工業大准教授)

    『石を聴く イサム・ノグチの芸術と生涯』 ヘイデン・ヘレーラ著

    人の視点を超える時空

     一九八八年に彫刻家イサム・ノグチが亡くなったあと、その遺灰の一部は卵形の石を割って中におさめられ、石は再び閉じられて瀬戸内海近くの丘のてっぺんに置かれた。本書の末尾でそう知ったとき、正直ほっとしてしまった。それまでが、あまりに目まぐるしい人生だったからである。常に変わる居住地、いつも違う恋人。恋人の中には画家のフリーダ・カーロ、インド初代首相ネルーのめいタラ、一時期婚姻関係にあった女優の山口淑子がいた。ハンサムで情熱的なノグチは社交界の花形で、彼を知る友人が世界中にいた。旅のような人生を送ることと、彫刻という物理的に重い芸術にとり組み続けること。これらがいかにして両立し得たのか、にわかには信じがたい気持ちにさせられる。

     だがこの華やかさは、帰属すべき「家」を持ち得なかったことの裏返しでもある。根無し草の背後には、生来のボヘミアン的性格に加えて、日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれたという出自が影を落としている。特に父、米次郎の存在は大きい。米次郎はアメリカで詩人として成功した文学者だったが、生活より美を優先するタイプで、身重の恋人を置いて帰国、ノグチは私生児として生まれた。しかも戦争中の米次郎は国粋主義者となり、息子との関係はますます難しいものになっていた。

     ノグチにとって石を彫ることは「永遠に続いていく変化の過程に一時的に侵入すること」だったと著者は言う。抽象的だがどこか生命を感じさせる形態は、直截ちょくせつ的な自己表現からは一線を画し、人間の視点を超越する時間と空間へと私たちをいざなう。たとえば《火星から見える彫刻》で、ノグチは誰もいない砂漠に巨大な顔を描くことを計画した。ピラミッドのような鼻を持つ、ほうけたような、それでいて精霊のように崇高な顔。それはヒロシマとナガサキを経験した大地を見下ろすための、人類の慰霊碑でもあった。北代美和子訳。

     ◇Hayden Herrera=美術史家、キュレーター。ニューヨーク市立大で博士号取得。著書に『マチスの肖像』。

     みすず書房 6800円

    2018年03月26日 05時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク