文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『サザビーズで朝食を』 フィリップ・フック著

     世界有数のオークション会社のベテラン競売人が、美術品の“価値”をユーモアを交えて分析。

     晩年のダリは「テクニックは怠惰」、クレー作品の主題を「商業的に数値化するのは難しい」など、市場の動向を踏まえつつ独自の視点で評価している。中山ゆかり訳。(フィルムアート社、3000円)

    2017年02月27日 05時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク