文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『日曜日の人々』 高橋弘希著

     大学生の主人公は、好意を寄せていたいとこの女性に突然自殺される。死後に届いた日記から精神的な苦しみを抱えた人々の自助グループと関わることになった。人々の心の闇を見つめ続けるうちに、やがて彼は……。

     戦争をリアルに描いた『指の骨』で注目された著者の新作小説。(講談社、1400円)

    2017年10月02日 05時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク