文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『北前船寄港地ガイド』 加藤貞仁著

     江戸時代から明治にかけ大阪から瀬戸内、日本海側を経て北海道を結んだ北前船交易。

     その寄港地を訪ね歩き、豪壮な船主の館や安全を祈った船絵馬などを紹介するガイドブック。今は静かな港町に眠る繁栄の跡に“動く総合商社”を担った人々のロマンを感じる。2002年刊の前著を再編集。(無明舎出版、1900円)

    2018年02月26日 05時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク