文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『琉球王権と太陽の王』 吉成直樹著 

      近年の発掘調査や中国、朝鮮の史料、歌謡集「おもろさうし」などの多角的な検討から、古琉球の歴史を東アジア史的視点から捉え直す一冊。三国が鼎立ていりつした「三山時代」成立の背景には、沖縄島を拠点とする海商や倭寇わこうを<朝貢貿易の体制に組み込もうとする>中国・明の意図があったとする。(七月社、3000円)

    2018年03月12日 05時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク