文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『姉妹都市の挑戦』 毛受敏浩著

     日本では1950年代に始まった姉妹都市交流の実態や変遷、現状をひもとく。

     中国の国際化をリードした事例など、欧米やロシア、韓国などの豊富な実例を挙げながら、姉妹都市交流が地域社会や世界にどのような影響をもたらしたのかを探る。「世界平和の土台」になっている様子が明らかになる。(明石書店、2400円)

    2018年04月02日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク