文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『鉄道とトンネル』 小林寛則、山崎宏之著

     明治以降の鉄道トンネル敷設の歴史をひもとく好著。

     1884年に開通した柳ヶ瀬トンネルから1997年開通の鍋立山トンネルまで、鉄道史に名を刻む主要な12のトンネルを詳しく紹介。難工事によって鍛えられたトンネル掘削技術が、交通網の近代化に大きく寄与したことがわかる。(ミネルヴァ書房、2200円)

    2018年05月28日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク