文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『異次元へ』 菊池涼介著

     プロ野球・広島カープの二塁手として、数々の美技を見せている著者が、守備の極意や打撃・走塁の技術などを語る。野球の技術論だけにとどまらず、「常識は変わっていく」「知らないことは恥ではなく、伸びしろ」といった主張は、仕事や現代社会を生きる上でのヒントにもなりそうだ。(広済堂出版、1600円)

    2018年06月04日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク