文字サイズ
    小説や書き下ろし、オリジナルの文庫などを紹介します。
    評・本多正一(文筆家)

    『春の華客/旅恋い』 山川方夫著

     人間の孤絶を描き続け、自動車事故で34歳で夭折ようせつした短編の名手の作品集。

     春の一夕から始まる奇妙な恋愛たん「春の華客」、旅好きな老女たちとの交友のなか、親孝行な子との隔絶を認識する母を描く「旅恋い」など9編収録。人生という個の営みを、端正な文体でつづった静謐せいひつな文学世界が展開される。(講談社文芸文庫、1700円)

    2017年06月20日 05時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク