文字サイズ
    小説や書き下ろし、オリジナルの文庫などを紹介します。
    評・本多正一(文筆家)

    『貝殻と頭蓋骨』 澁澤龍彦著

     第一部はモロー、キリコなどの幻想美術評論、第二部は紀行文、映画評ほかのエッセー、第三部は敬愛した作家、芸術家について、と一見無頓着な構成だ。標題は澁澤しぶさわ邸の応接間に飾られている偏愛した硬質の物体からであろう。奇妙なタイトルと構成の妙が忘れ難いが、澁澤の名によって統べられている。(平凡社ライブラリー、1300円)

    2018年02月06日 05時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク