文字サイズ
    小説や書き下ろし、オリジナルの文庫などを紹介します。
    評・本多正一(文筆家)

    『世界は終わりそうにない』 角田光代著

     恋、旅、食べ物、本選び、作家としての「書く孤独」まで、様々なエッセーはもちろん、対談、鼎談ていだん、書評と盛り沢山。どこから読んでも楽しめる一冊に仕立ててある。

     「恋愛は、そんなにいいものでもない。でも、するだけの価値はちゃんとある」――そんな恋愛についての感懐が本書のタイトルを支えているようだ。(中公文庫、600円)

    2018年04月03日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク