文字サイズ
    小説や書き下ろし、オリジナルの文庫などを紹介します。
    評・本多正一(文筆家)

    『世界で一番美しい病気』 中島らも著

     作家として、ミュージシャンとして、コピーライターとして、才能を発揮しながら、まだ52歳で酔って階段から転落死した中島らも。

     初めての恋、不倫の恋、出会いと別れについて等々、“世界で一番美しい病気”――恋愛に関するエッセーと詩、小説を収録。略年譜も収められ、愛読者にはうれしい構成だ。(ハルキ文庫、580円)

    2018年04月03日 05時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク