文字サイズ
    次週の「本よみうり堂」で取り上げる本のご紹介。

    8月20日(日曜)朝刊で紹介する予定の本

    堀川惠子著『戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇』
    (講談社)

    星野博美著『今日はヒョウ柄を着る日』
    (岩波書店)

    伊井春樹著『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』
    (ミネルヴァ書房)

    コンラート・パウル・リースマン著『反教養の理論』
    (法政大学出版局)

    クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ著『写本の文化誌』
    (白水社)

    桜井英治著『交換・権力・文化』
    (みすず書房)

    井口壽乃、田中正之、村上博哉著『西洋美術の歴史8 20世紀―越境する現代美術』
    (中央公論新社)

    松崎有理著『5まで数える』
    (筑摩書房)

    藤岡亜弥著『川はゆく』
    (赤々舎)

    2017年08月13日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク