文字サイズ
    おすすめの新書を紹介します。
    評・友田健太郎(文芸評論家)

    『日本軍兵士』 吉田裕著

     アジア・太平洋戦争で死んだ軍人・軍属の戦没者のうち、少なめに見ても4割近くが餓死だという。ほかに自殺、傷病兵の殺害も多く、私的制裁は横行し、マラリアなどの病気が蔓延し、精神疾患も深刻だった。軍事史研究者の著者が長年の研究成果を通じ、被服、糧食、栄養状態の基本条件から特攻などの異常な作戦まで戦没軍人・軍属約230万人の「死の現場」を浮き彫りにする。(中公新書、820円)

    2018年03月15日 05時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク