文字サイズ
    イギリスの食や酒、文化や歴史に魅せられた人のインタビュー、イベントやニュースをお届けします。
    イベント

    味わうウェールズ…チーズとビールの夕べ

    • 会場に並んだチーズやビール
      会場に並んだチーズやビール
    • 料理の説明をする英国大使館の吉田龍貴シェフ
      料理の説明をする英国大使館の吉田龍貴シェフ

     日本であまり知られていないイギリス・ウェールズのチーズとビールを紹介するイベントが5月29日夜、東京・有楽町の外国特派員協会で開かれた。ウェールズのチーズとビールのメーカー計8社が出展し、食品バイヤーや旅行会社などから参加した約130人に、英国大使館のシェフがチーズを使った料理を振る舞った。

     ウェールズは英国南西部にある約2万平方キロメートルの地域で、人口約300万人。住民はケルト系で、英語と並んでウェールズ語が公用語。600を超す古城があり、山地や台地、丘陵部が多く、チーズ通に人気の高いイギリス産のなかでも、個性的なチーズがつくられている。

     ナッツ風味のチェダーチーズ、酸味の強いブルーチーズ、クリーミーなヤギのチーズのほか、ほろほろとくだけやすいカフェリーチーズがある。チャールズ皇太子がお気に入りの手作り工房「ゴールデン・ケナース」も出展した。

     この日は、大使館のシェフが考えたハーブで香り付けしたチーズ入りのつくねや、ブルーチーズをつめたトマトに、スモークサーモンを添えたウェールズ風のチーズパンケーキなどが提供された。

     一方、ウェールズではビール造りも盛ん。18世紀までルーツをさかのぼる古い醸造所がある一方、地元の香味料を使った新たな醸造所も誕生している。2012年に生まれた「タイニー・レベル」は、かわいらしいパッケージながらも、しっかりとした味わいで注目されている。


    • チーズを使った7種類の料理がのったプレート
      チーズを使った7種類の料理がのったプレート
    • カラフルにコーティングされたチーズ
      カラフルにコーティングされたチーズ

    • チャールズ皇太子のお気に入りとされるカウズ・ケナース・チーズ社の製品
      チャールズ皇太子のお気に入りとされるカウズ・ケナース・チーズ社の製品
    • かわいいラベルのビール「タイニー・レベル」
      かわいいラベルのビール「タイニー・レベル」

     問い合わせは、英国ウェールズ政府日本事務所(電話03-3595-7051)まで。

    連載「酒都を歩く」(英国編)(ぶりてん数寄)が本になりました。

    • 『酒場天国イギリス』(中央公論新社)
      『酒場天国イギリス』(中央公論新社)


    ◆日本の居酒屋を舞台にした過去の連載企画「酒都を歩く」をまとめた『あの人と、「酒都」放浪 ― 日本一ぜいたくな酒場めぐり』(中央公論新社)はこちらから

    2015年06月04日 12時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ