文字サイズ
    ワードやエクセルを使って年賀状や季節の草花を描くことに挑戦します。

    【ワード中級】秋の風景を描こう(2)

     リスとどんぐりを描いた前半の秋の風景。今回はさらに野ブドウとくりを加え、秋にぴったりのイラストを完成させましょう。ワードを使います。

    【1】野ブドウを描きます

    (1)実を描きます。
     「基本図形」→「円」を選択し、正円を描きます。
     コピー&ペーストで6つにします。
     「書式」→「図形の塗りつぶし」→「その他の色」→「標準」を選択し、6つの「正円」を塗ります。
     それぞれを「濃色のグラデーション」にします。
     「図形の塗つぶし」→「グラデーション」→「濃色のバリエーション」から好みで選択をして下さい。(立体感を出します)
     「線なし」にします。

    (2)実にハイライトを入れます。

     (1)で描いた実より小さめの正円を描きます。
     図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし(グラデーション)」、分岐点を3ヶ所にし、「色」は「白」、透明度は下記の通り設定します。
     分岐点0%→透明度0%
     分岐点60%→透明度100%
     分岐点100%→透明度100%
     「種類」→「放射」
     「方向」→「中央から」
     サイズを調節し、実の数個にハイライトを配置します。
     「グループ化」をして、「線なし」にします。
     (図は背景色で見やすくしています。)


    【2】葉を描きます

    (1)葉を描きます。
     「基本図形」→「ハート」細長いハートを描き、上下反転させます…(A)
     コピー&ペーストをして、ひとつを縮小します…(B)
     縮小した図形を更にコピーし、回転ハンドルで向きを変えて配置します…(C)
     「グループ化」をし、コピー&ペーストで3つに増やし、3種類の葉にします。
     図形を右クリックし、「オブジェクトの書式設定」→「塗りつぶし(グラデーション)」
     分岐点を0%と100%の2色にします。
     「種類」→「線形」
     「方向」→「斜め方向・左上から右下」
     テキストはテーマの色、標準の色から2色を選びました。
     塗りつぶしたら「線なし」にします…(D)
    ≪メモ…グループ化した図形をグラデーションで塗りつぶすと、全体を一つのパーツとして塗りつぶす事ができます。≫

    (2)葉脈を描きます。
     「星とリボン」→「星5」描き、「調整ハンドル」で細い「星5」にします…(a)
     右クリックで「頂点の編集」を表示し、葉のサイズに合わせ、頂点を移動します…(b)
     「塗りつぶし色」→「テーマの色」→「濃い緑」→「線なし」にします…(c)
     コピーをし、他の葉にも配置し、「グループ化」します…(d)
     ※葉脈は後でくりを描くときにも使います。

    (3)葉柄(ようへい)を描きます。
     「基本図形」→「アーチ」…(ア)
     「サイズ変更ハンドル」で細い図形にします…(イ)
     図形を右クリックし、「頂点の編集」表示し、右下の頂点を移動し、先を太くします(移動し難い時はALTキーを押しながら移動しましょう)…(ウ)
     コピーで2つにします。
     「塗りつぶし色」→「テーマの色(ゴールド)」…(エ)
     「塗りつぶし色」→「標準」→「薄い緑」…(オ)

    (4)葉と実に配置します。
     サイズを調節し、葉柄を葉と実に配置します。
     「グループ化」→「線なし」にします
     ※葉柄は【3】の配置でも茎として使います。

    (5)ツルを描きます。
     「基本図形」→「ドーナツ」と「月」
     「ドーナツ」は「調整ハンドル」で、細い「ドーナツ」
     「月」は「サイズ変更ハンドル」で細い「月」にします。
     「ドーナツ」はコピーで2つにします。
     「月」は「回転半ハンドル」で横にし、その上にドーナツをのせて「グループ化」します。
     「塗りつぶし色」→「テーマの色(ゴールド)」

     「線なし」にします。


    【3】図形をまとめて配置をします。

     図形のサイズや向きを変えて、自由に配置し「グループ化」します。


    【4】くりを描きます

    (1)くりの上部:を描きます。
     「基本図形」→「ハート」を描き、「上下反転」します。
     右クリックして「頂点の編集」を表示します。
     下の頂点をクリックし、アンカーポイント・ハンドルを表示します。
     右のアンカーポイント・ハンドルを右方向に、左アンカーポイント・ハンドルを左方向にドラッグし、くりの形にします。
     図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし(グラデーション)」
     分岐点を2か所にし、色の設定をします。
     分岐点0%
     「その他の色」→「ユーザー設定」→「RGB」
     分岐点100%
     「その他の色」→「ユーザー設定」→「RGB」
     「種類」→「線形」
     「方向」→「右方向」

    (2)くりの下部を描きます。
     「基本図形」→「楕円」
     図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし(パターン)」→10%を選択します。
     前景色→「RGB」
     背景色→「RGB」

    (3)くりにハイライトを入れます。
     「基本図形」→「月」 
     図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし(グラデーション)」分岐点を2カ所にし、「白色」を設定します。
     分岐点0%→透明度50%
     分岐点100%→透明度100%
     「種類」→「線形」
     「方向」→「右方向」

    (4)くりの上部と下部はサイズを調節して配置します。
     ハイライトも「回転ハンドル」で向きを変え、サイズも調節します。
     【2】の(2)で描いた葉脈はくりと同じ色にします。
     (書式のコピー/貼り付けでしましょう)
    幅を狭く縮小して最背面に配置します。
     「グループ化」→「線なし」にして完成です。


    【5】雲を描きます

     「基本図形」→「雲」
     図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし(グラデーション)」
     分岐点を2か所にし、色は「白」を設定します。
     分岐点0%→透明度0%
     分岐点100%→透明度100%
     「種類」→「放射」
     「方向」→「中央から」
     1つコピーをし、グラデーションの方向を「斜め方向-左上から右下」変えます。
     (図は背景色で見やすくしています。)


     前半で描いたリスとどんぐり、後半の野ブドウ、くりを自由に配置して、独自の作品に仕上げて下さい。

    2014/10 S.Mineo

    *「Word2013」で描いています。
    *テキストの「テーマの色」の「配色」はOffice(2013)です。
     2013以外をお使いの方は、似た色で塗りつぶしてください。
    シェイプアートの印刷方法について

    ◇次回更新は11月5日(水)の予定です。

    2014年10月15日 08時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    峰尾節子  (みねお・せつこ
     シェイプアートの「簡単・奇麗・パソコンがキャンパス」の手軽さに魅かれて描いています。シニアパソコンボランティアでシェイプアートの普及活動を推進。峰尾さんのホームページ「気ままな楽描き
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    お墓・ハカダス
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ