文字サイズ
    ワードやエクセルを使って年賀状や季節の草花を描くことに挑戦します。

    【ワード上級】つるし雛を描こう(1)

     今回は桃の節句にちなみ、手作りの“つるし(ひな)”です。
     子どもが健やかに育つよう、ひとつひとつ願いを込めて描いてみてくださいね。
     前編では、つるし雛に飾る縁起物(サル・ウサギ・花・トウガラシ・巾着)とパーツの一部としてお盆(トレイ)を描きます。

    【1】サルを描きます

    (1)体部分を描きます。

     (A)「星とリボン」→「星4」を描きます。
     調整ハンドルを左上方向にドラッグします。

     (B)図形を右クリックし、「頂点の編集」で下の頂点を下方向にドラッグします。

     (C)先端の頂点にマウスポインタを当て、形が変わったら右クリックし、表示メニューから「頂点を中心にスムージングする」を選択します。
     印の4か所すべてします。

     (D)「図形の塗りつぶし」→「標準の色」→「赤」→「線なし」
     「描画ツール(書式)」→「図形の効果」→「影」→「内側」→「内側(右)」を選択します。
    ※後から描く図形にも、「図形の効果」から「影」や「ぼかし」を使います。

    (2)顔を描きます。

     (顔)「基本図形」→「円/楕円(だえん)」で「正円」を描きます。
     「図形の塗りつぶし」→「赤」→「線なし」

     (目、口)「基本図形」→「アーチ」を選択し、ドラッグしながら小さいアーチを描きます。
     「図形の塗りつぶし」→「黒」→「線なし」
     コピー&ペーストで3つにし、目と口にします。
     口は更に縮小して「上下反転」します。
     サイズを調節して顔に配置、すべての図形を選択しグループ化します。

    (3)髪を描きます。

     「星とリボン」→「星12」を描きます。
     調整ハンドルを下方向にドラッグし、線だけの「星12」にします。

    (4)金太郎腹巻きを描きます。

     「基本図形」→「五角形」を細長く描きます。
     「図形の塗りつぶし」→「黒」→「線なし」→「上下反転」

    (5)文字を書きます。

     「基本図形」→「テキストボックス」で「金」と書きます。
     書体はゴシック体の太字が良いと思います。
     「フォントの色」→「標準」→「オレンジ」
     「塗りつぶしなし」→「枠線なし」にします。
     (4)に重ねてグループ化します。
     図に変換…(縮小した時、文字が見えなくなるのを防ぐ為)。
     「ホーム」→「コピー」→「貼り付け」→「貼り付けオプション」→「図」

    (6)配置します。

     顔の上に髪をのせ、グループ化します。
     図形のサイズを調節し、回転ハンドルで向き変えて配置します。
     すべての図形を選択しグループ化して完成です。

    【2】ウサギを描きます

    (1)胴を描きます。

     「基本図形」→「月」を大小2つ描きます。
     「右へ90°回転」し、小は回転ハンドルで更に回転します。
     2つを図のように重ねグループ化します。

    (2)尻尾を描きます。

     「基本図形」→「楕円」を小さく描きます。
     胴の左上に配置し、グループ化します。

    (3)襟を描きます。

     「基本図形」→「雲」を描きます。
     「図形の塗りつぶし」→「赤」にします。

    (4)耳を描きます。

     「基本図形」→「楕円」を細長く描きます。
     コピーをして細い楕円にし、「図形の塗りつぶし」→「赤」
     2つの楕円を重ねてグループ化します。
     コピーで2つにします。

    (5)顔を描きます。

     「基本図形」→「円/楕円」で大・小の正円を描きます。
     小は塗りつぶしを「赤」、コピーで2つにします。
     「数式図形」→「乗算記号」を描きます。
     サイズを調節し、大の正円に目と口を配置し、グループ化します。

    (6)配置します。

     耳を少し傾け(顔)の最背面へ配置し、グループ化します。
     胴の前面に襟を配置します。
     顔を最前面に配置して、すべての図形を選択しグループ化します。

    (7)影を描きます。

     「図形の効果」→「影」→「外側」→「オフセット(中央)」を選択します。
     「線なし」にして完成です。

    【3】花を描きます

    (1)花びらを描きます。

     「線」→「曲線」で図の頂点4か所を参照して描いて下さい。
    ※コピーを1つして(2)で使います。
     「図形の塗りつぶし」→「テーマの色」→「緑、アクセント6、白+基本色40%」→「線なし」
     「図形の効果」→「影」→「内側」→「内側(斜め左上)」

    (2)(1)のコピーを角のサイズ変更ハンドルで縮小し、横の幅も狭くします。

     「図形の塗りつぶし」→「その他の色」→「標準 (RGB255、102、153」→「線なし」
     「図形の効果」→「影」→「内側」→「内側(下)」

    (3)(1)と(2)を重ねグループ化します。

     コピーを2つし、「描画ツール(書式)」→「サイズ」→「回転」→「回転角度60°と120°」にします。
     中心を突き合わせてグループ化します。

    (4)コピーをし、「回転角度を180°」にします。

     中心を合わせてグループ化します。

    (5)花の中心を描きます。

     「基本図形」→「アーチ」選択し、ドラッグしながら横長のアーチを小さく描きます。
     「図形の塗りつぶし」→「標準」→「黄」
     コピーをして上下に並べ、「グループ化」→「線なし」にします。
     サイズを調節して花の中心に「配置」します。
     すべての図形を選択しグループ化で完成です。


    【4】トウガラシを描きます

    (1)実を描きます。

     「線」→「曲線」で図の頂点4か所を参照して描いて下さい。
     「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(パターン)」→「前景 黄」→「背景 赤」→「5%」→「線なし」にします。

    (2)ヘタを描きます。

     「基本図形」→「月」と「アーチ」で描きます。
     (A)「月」は左方向にドラッグしながら、小さく描きます。
     「右へ90°回転」し、コピーをして、半分ほど重ねて、グループ化します。

     (B)「アーチ」は横方向にドラッグしながら、細く描き、回転ハンドルで斜めにします。
     (A)に(B)を重ねてグループ化します。
     「図形の塗りつぶし」→「標準」→「緑、アクセント6、黒+基本色50%」

    (3)配置します。

     (1)と(2)のサイズを調節して重ね、「グループ化」→「線なし」にします。
     コピーで2つにし、バランスよく配置してグループ化します。
     「図形の効果」→「影」→「外側」→「オフセット(斜め右下)」で完成します。


    【5】巾着を描きます

    (1)袋を描きます。

     「基本図形」→「楕円」を大小2つを描きます。
     図形を右クリックし、頂点の編集を選択します。
     の楕円は下の頂点を下方向にドラッグします。
     の楕円は上の頂点を上方向にドラッグします。
     2つを上下に重ね、グループ化します。(図を参照)
     「図形を右クリック」→「オブジェクトの書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(パターン)」→「前景 白」→「背景」→「その他色 RGB204、0、102」→「市松模様(大)」
     「線の色」は背景色と同じにします。

    (2)袋の口を描きます。

     「星とリボン」→「星7」を描きます。
     調整ハンドルを上にドラッグし、切れ込みの浅い星7にします。
     頂点の編集で印の7か所の頂点を「頂点を中心にスムージングする」にします。 ※【1】-(1)-(C)参照
     下のサイズ変更ハンドルを上にドラッグし、つぶれた星7にします。
     「図形の塗りつぶし」→「標準の色」→「濃い赤」
     「線の色」→「標準の色」→「白」

    (3)紐を描きます。

     「基本図形」→「ドーナツ」、「楕円」、「台形」で描きます。
     「ドーナツ」を横長に、楕円は小さく、「台形」は縦長に描き、図形の塗りつぶしは「標準」→「紫」にします。
     「台形」をコピーします。
     「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(パターン)」→「前景 紫」→「背景 白」→「縦線(反転)」にします。
     「線の色」→「紫」

    ・「図」に変換します。

     「コピー」→「貼り付け」→「貼り付けオプション」→「図」
     図の台形を背面にし、紫の台形と重ねグループ化します。

    ・紐のパーツを配置します。

     ドーナツは回転させ、コピーをして左右反転します。
     楕円を中央にし、台形は向きを変えて配置します。
     コピーをし、反対側にも配置します。
     すべての図形を選択し「グループ化」→「線なし」にします。

    (4)配置します。

     袋と袋の口をサイズを調節して重ね、紐を最前面にします。
     すべての図形を選択しグループ化します。
     「図形の効果」→「影」→「外側」→「オフセット(斜め右下)」で完成です。

    【6】お盆(トレイ)を描きます

    (1)お盆のフチを描きます。(後半でも使います)

     「ブロック矢印」→「右カーブ矢印」を描きます。
     下のサイズ変更ハンドルを上にドラッグし、調整ハンドルを右方向にドラッグします。
     「図形の塗りつぶし」→「赤」、コピーをし、左右反転します。少し重ねてグループ化します。

    (2)お盆の底を描きます。

     「基本図形」→「楕円」を(1)のサイズに合わせて描きます。
     「図形の塗りつぶし」→「標準」→「オレンジ」→「最背面へ移動」→「グループ化」→「線なし」にします。

     

     お盆を最背面にして、描いた図形をまとめます。
     すべての図形を選択し、グループ化して完成させます。


     

    後半は更にパーツを増やし、つるし雛を完成させます。

    2016/2 S.Mineo

    *「Word2013」で描いています。

    *テキストの「テーマの色」の「配色」はOffice(2013)です。

     2013以外をお使いの方は、似た色で塗りつぶしてください。

    シェイプアートの印刷方法について

    ◇次回更新は2月24日(水)の予定です。

    2016年02月10日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    峰尾節子  (みねお・せつこ
     シェイプアートの「簡単・奇麗・パソコンがキャンパス」の手軽さに魅かれて描いています。シニアパソコンボランティアでシェイプアートの普及活動を推進。峰尾さんのホームページ「気ままな楽描き
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    お墓・ハカダス
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ