文字サイズ
    ワードやエクセルを使って年賀状や季節の草花を描くことに挑戦します。

    【エクセル上級】お花見のイラストを描こう(2)

     前回描いた、ウサギとクマにサクラの背景をつけます。
     サクラ吹雪が舞い散る、素敵(すてき)なお花見の風景を完成させましょう。

    【1】サクラの花を描きます

    (1)花びらを描きます。
     「挿入」→「基本図形」→「パイ」を選択します。
     図形を選択し「描画ツール」→「書式」→「図形の編集」→「頂点の編集」で各頂点をドラッグ・追加しテキスト図のような形に変更します。
     「塗りつぶし(グラデーション)」→「種類」→「線形」→「方向」→「下方向」
     分岐点1…「その他の色」→「ユーザー設定」→「カラーモデル、RGB」→「赤255、緑229、青229」
     分岐点2…「その他の色」→「標準」→「テキスト図参照」→「線なし」
    ※図形の描き方によってはグラデーションの向きが変わってしまいますので、テキストを参考にして方向を設定してください。
     コピーして5枚にします。

    (2)花びらを並べます。
     「星とリボン」→「星5」を選択します。
     挿入した星をガイドラインにして花びらを並べていきます。
     花びらを並べたら星は削除し、グループ化します。

    (3)おしべを描きます。
     「星とリボン」→「星32」を選択し図形を描きます。
     テキスト図を参考に調整ハンドル(黄)をドラッグして図形を変更します。
     「塗りつぶし(単色)」→「テーマの色」→「白、背景1」→「線なし」

    (4)花の中心を描きます。
     「星とリボン」→「星4」を選択し図形を描きます。
     調整ハンドル(黄)を使いテキスト図のような形に変更します。
     「塗りつぶし(グラデーション)」→「種類」→「放射」→「方向」→「中央から」→「線なし」
     分岐点1、2・・・「その他の色」→「標準」→「テキスト図参照」
     分岐点2は「透明度」を「100%」に設定し、透明にします。

    (5)各パーツを合わせてサクラを完成させます。
     花びらを最背面にし→おしべ→花の中心の順に上に重ねていきます。すべて重ねたらグループ化します。
     グループ化したら「図形の効果」→「影」→「オフセット(斜め右下)」で影をつけます。


    【2】サクラの木を描きます

    (1)サクラの花の部分を描きます。
     「基本図形」→「円/楕円(だえん)」を選択し正円を描きます。
     「塗りつぶし(グラデーション)」→「線形」→「斜め方向-左上から右下」
     分岐点1…「テーマの色」→「白、背景1」
     分岐点2…「その他の色」→「標準」→「テキスト図参照」→「位置」→「70%」→「線なし」
     図形を選択し右クリック→「図形の書式設定」→「効果」→「ぼかし」→テキスト図を参考にポイントの設定をします。

    (2)幹を描きます。
     「基本図形」→「台形」を選択し縦長にします。
     「塗りつぶし(単色)」→「その他の色」→「標準」→「テキスト図参照」→「線なし」
     図形を選択し右クリック→「図形の書式設定」→「効果」→「ぼかし」→テキスト図を参考にしながら任意のポイントを設定します。
    ※細長い図形なのでポイント数が大きいと図形が消えてしまいます。図形を見ながら数値を設定してください。

    (3)枝を描きます。
     「基本図形」→「円/楕円」を選択し細長い楕円を描きます。
     色は(2)の幹と同じです。
     幹と同様にぼかし効果を加えます。
     ぼかしをいれたらコピーして3つにします。
     テキスト図を参考に長いものと短いものを作製します。

    (4)サクラの花、幹、枝を合わせサクラの木を完成させます。
     最初に幹と枝を合わせます。
     枝は回転ハンドルや回転ツールを使いテキスト図を参考にバランスよく配置します。配置したらグループ化します。
     続いてサクラの花を最背面にして配置します。
     全体をグループ化します。
     グループ化した図形に「図形の効果」→「影→「透視投影(斜め右上)」を適用させます。

    【3】景色を描きます

    (1)山を描きます。
     前半で作製した背景に山の景色を描きます。
     「線」→「曲線」を選択し頂点をクリックしながら山を描きます。
     「塗りつぶし(グラデーション)」→「線形」→「斜め方向-左上から右下」
     分岐点1…「標準の色」→「薄い緑」
     分岐点2…「標準の色」→「緑」→「テキスト図参照」→「位置」→「50%」→「線なし」
     図形を選択し右クリック→「図形の書式設定」→「効果」→「ぼかし」→テキスト図を参考にポイントの設定をします。
     コピーしてもう1つ作り、サイズ調整ハンドルで少し小さくしておきます。

    (2)雲を描きます
     「基本図形」→「円/楕円」を選択し横長にします。
     「塗りつぶし(単色)」→「テーマの色」→「白、背景1」→
    「線なし」
     図形を選択し右クリック→「図形の書式設定」→「効果」→「ぼかし」→テキスト図を参考にポイントの設定をします。
     コピーして3つにします。

    (3)背景に山と雲を配置します。
     前半で作製した背景を最背面にし、山と雲をテキスト図を参照しながら配置します。
     フレームは最後に配置しますので、とっておきます。


    【4】赤いシートを描きます

     「基本図形」→「平行四辺形」を選択し横長にします。
     ハンドル(黄)を右にドラッグして図形を少し斜めにします
     「塗りつぶし(グラデーション)」→「線形」→「斜め方向-左上から右下」
     分岐点1…「標準の色」→「赤」
     分岐点2…「標準の色」→「濃い赤」→「線なし」


    【5】全てのイラストを配置して完成させます

    (1)【2】で描いたサクラの木をコピーします。
     コピーした図形は「図形の効果」→「影」→「影なし」にします。
     影をとったものをコピーして「ホーム」→「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」→「図(PNG)」にして貼り付けます。
     PNGで貼り付けた図形は縮小・拡大しても図形が崩れないので便利です。
     いくつかコピーして【3】の背景に並べサクラ並木にします。

    (2)大きなサクラの木を2本配置します。
     影のついたサクラの木を最前面にして配置します。
     向かって右のサクラの木は右に寄せすぎると影がはみ出てしまいますので出ないように配置します。

    (3)前半で描いたイラスト(背景以外)を【4】の赤いシートの上に重ね、図を参考に配置します。

    (4)【1】で描いたサクラの花をお好きなように配置します。
     テキストでは大きなサクラの木に花を並べ、花びらだけのものを風で舞い散るイメージで配置しました。
     とっておいたフレームも最前面にして配置します。
     フレームはお好きな色に変更してもかまいません。
     すべて配置したらグループ化しておきます。


    【6】全体の絵にアート効果を加えます

     グループ化した全体絵を選択、コピーし【5】-(1)の要領で形式を選択してPNGで貼り付けます。
     貼り付けた絵を選択したまま「図ツール」→「書式」→「アート効果」→「テクスチャライザー」を選択します。
     「色」→「色のトーン」→「温度:7200K」にします。

     

    2016/3 K.michiko


    *「Excel2013」で描いています。

    *テキストの「テーマの色」の「配色」はOffice(2013)です。

     2013以外をご使用の方は、似た色を使用してください。

    *色はRGBを使用しています。

    *サイズ指定のある図形は目安ですので、イラスト全体のバランスなど見て調整してください。

    シェイプアートの印刷方法について

    ◇次回更新は4月13日(水)の予定です。

    2016年03月23日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    片平三知子  (かたひら・みちこ
     かわいいものやキラキラしたもの、とくにスイーツのイラストを描くのが得意です。シェイプアートは2005年から始めて、最初に描いたのはアサガオでした。自分だけのオリジナルイラストを描いたカードを友達に送りたくて……。
     一人でも多くの人にイラストを描く楽しさ、シェイプアートの魅力、伝わるといいなぁと思っています。
     ブログ「Let's stroll」にも多数のシェイプアートを公開していますので、こちらもぜひ遊びにきてください。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ