文字サイズ
    ワードやエクセルを使って年賀状や季節の草花を描くことに挑戦します。

    【ワード初級】季節の花のランチョンマット(2)~最終回

     前半で描いたランチョンマットをアレンジし、更に立体的に仕上げていきます。
     完成したら、一味違った午後のティータイムを楽しんでみてください。

    【1】お菓子を描きます

    (1)丸形クッキーを描きます。
     (A):「基本図形」→「円/楕円(だえん)」Shiftキーを押しながら、正円を描きます。
     (B):「描画ツール(書式)」→「図形の効果」→「面取り」→「面取り(丸)」にします。
     (C):「線なし」にします。

    ※「図形の効果」の「面取り」や「影」をクイックアクセスツールバーに設定して描きやすくすると良いです。他のコマンドも設定してあれば、そこから選択して描いて下さい。

    (2)他の形のクッキーを描きます。
     基本図形から「涙形」、「ドーナツ」、「ハート」、「雲」を描き、「書式のコピー/貼り付け」で(1)-(C)と同じ面取りの図形にします。

    「書式のコピー/貼り付け」方法
    (例)「基本図形」から「涙形」を描いて置きます。
     次に、コピー元の書式「面取り(丸)」になっている(1)-(C)をクリックします。
     「ホーム」→「書式のコピー/貼り付け(刷毛(はけ)のマーク)」をクリックします。
     マウスポインタと刷毛の表示を確認し、描いた「涙形」の上でクリックします。

     同じ方法で、「ドーナツ」、「ハート」、「雲」も「面取り(丸)」にします。

    (3)星形のパーツを描きます。
     「星とリボン」→「星24」を描きます。
     「調整ハンドル」を上方向にドラッグし、切れ込みの浅い星形にします。
     「図形の効果」→「面取り」→「面取り(ソフト ラウンド)」にします。

    (4)面取りをした図形を塗りつぶします。
     正円、涙形、ハートはコピーで増やし、色の違う図形にします。
     「塗りつぶし」→「その他の色」から
     (a):「薄い茶 RGB153、102、51」
     (b):「濃い茶 RGB102、51、0」
     (c):「薄い黄 RGB255、204、102」
     (d):「薄いピンク RGB255、204、255」
     (e):白はそのままの色を使います。

    (5)(4)の図形と、前半で描いた花を組み合わせて、花のクッキーに仕上げます。
     サイズを調節して、自由な組み合わせをして下さい。
     組み合わせ後は「グループ化」します。
     テキストでは
     …(a)の円+アジサイ
     …(b)の円+(e)の星+バラ
     …(b)・(d)のハート+クチナシ
     …(b)・(e)の涙形+アジサイ
     …(b)のドーナツ+バラ
     …(c)の雲+クチナシ


    【2】ティ-カップを描きます

    (1)カップの本体部分を描きます。
     「基本図形」→「月」を描きます。
     左の「サイズ変更ハンドル」を左方向にドラッグします。
     次に「調整ハンドル」を右方向に止まるまでドラッグします。
     「オブジェクトの回転」→「左へ90°回転」します。

    (2)カップの取っ手を描きます。
     「基本図形」→「ドーナツ」を細長く小さく描きます。
     「調整ハンドル」を左方向にドラッグし、細いドーナツにします。
     「回転ハンドル」で向きを傾け、(1)の最背面へ移動し、「グループ化」します。
     「塗りつぶし」→「テーマの色」→「青、アクセント1、白+基本色60%」

    (3)カップの内側を描きます。
     「基本図形」→「円/楕円」→「楕円」をカップ本体の幅に合わせたサイズに描きます。
     「枠線」→「テーマの色」→「白、背景1、黒+基本色25%」
    ※楕円は1つコピーして置き、次の(4)で使います。

    (4)紅茶を描きます。
     (3)のコピーを「サイズ変更ハンドル」で縮小します。
     「塗りつぶし」→「その他の色」→「標準」→「赤茶色RGB255、102、0」→「線なし」
     「塗りつぶし」→「グラデーション」→「濃い色のバリエーション」→「斜め方向-左上から右下」を選択します。
     カップの最前面に配置し、「グループ化」します。

    (5)ドット模様を描きます。
     「基本図形」→「円/楕円」→「正円」を小さく描きます。
     コピー&ペーストで数を増やし、カップの側面に自由に配置します。
     いったんカップを外し、正円だけを「グループ化」→「線なし」にします。
    ※ドットをコピーして置き、【4】-(8)ポットの模様に使います。見えないので黒の枠線は付けておきましょう。
     カップにドットを重ねて「グループ化」します。
     「図形の効果」→「影」→「外側」→「オフセット(斜め右下)」で完成させます。


    【3】ソーサーを描きます

    (1)「基本図形」→「円/楕円」を選択し、大と小の楕円を描きます。
     :楕円の塗りつぶしはカップの色と同じにします。
     :楕円は白のままで、枠線の「太さを2.25pt」にし、更に、「実線/点線」→「点線(丸)」にします。
     
    (2)楕円2つを下側で図のように配置し、「グループ化」します。
     枠線の色を「白」にします。
     「図形の効果」から影をカップと同じにします。
    ※ソーサーのコピーを2つ作り、【5】でも使います。
     図のようにカップを前面に配置し、「グループ化」します。


    【4】ティーポットを描きます

    (1)ポットの本体部分を描きます。
     「基本図形」→「円/楕円」を選択し、「正円」と横長の小さい「楕円」を描きます。(楕円は蓋に、正円を本体にします。)
     重ねてグループ化します。

    (2)取っ手を描きます。
     「基本図形」→「ドーナツ」を描きます。
     「調整ハンドル」を左方向にドラッグし、細いドーナツにします。

    (3)注ぎ口を描きます。
     「星とリボン」→「大波」を選択し、ドラッグをしながら、細く長い大波を描きます。
     図形を右クリックし、表示メニューから「頂点の編集」をクリックします。
     右下の頂点にマウスポインタを当てると拡大図のように形が変わります。
     変わったら下方向に少しドラッグします。

    (4)描いた図形を配置します。
     本体を最前面にし、取っ手は最背面、注ぎ口は回転ハンドルで向きを変え最背面に配置します。(図を参照)
     すべての図形を選択し、グループ化します。
     塗りつぶしと枠線をカップと同じ色にします。

    (5)蓋と全体に影を付けます。
     まず、蓋だけに影を付けます。
     グループ化した図形をクリックし、更に蓋部分をクリックします。
     今までと同じ「図形の効果」→「影」→「外側」→「オフセット(斜め右下)」にします。
     つぎに、図形全体を選択し、同じ影を付けます。

    (6)蓋の上につまみを付けます。
     縦長の楕円を描き、塗りつぶしと枠線は蓋の色と同じにします。
     サイズを調節し蓋の中央に配置し、「グループ化」します。

    (7)注ぎ口の先を描きます。
    ※描いた図形が小さい場合は、Shiftキーを押しながら(形が崩れないように)角のサイズ変更ハンドルを外方向にドラッグし、拡大してから描きます。または、ワード画面右下にある、ズーム機能を使います。

     「基本図形」→「円/楕円」を選択し、小さい楕円を描きます。
     「塗りつぶし」→「テーマの色」→「白、背景1、黒+基本色35%」
     「線なし」にします。

     注ぎ口の先端に合うサイズに調節し、回転ハンドルで向きを変えて配置します。
     位置が決まったら「グループ化」し、サイズを縮小します。

    (8)模様を描きます。
     【2】-(5)※でコピーをした模様を「線なし」にして、ポットの側面に配置します。
     グループ化してポットを完成させます。


    【5】描いた図形を配置します

    (1)お皿を描きます。
     【3】-(2)※で2つコピーして置いたソーサーのうち、1つを使います。
     グループ化したまま、ソーサーの白い楕円部分を広げます(方法はティーポットの蓋と同じです)。
     グループ化した図形をクリックし、更に白い楕円をクリックします。
     「サイズ変更ハンドル」を表示させ、図のようにブルーの楕円が少し見えるまでドラッグして広げます。

    (2)(1)にお菓子を並べます。
     テキストを参照しながら、自由に配置してください。
     すべての図形を選択し、「グループ化」します。

    (3)もう1つのソーサーのコピーを縮小し、ティーポットの下に配置し、グループ化します。

    (4)前半で描いたランチョンマットをアレンジし、ポット、カップ、お菓子を配置します。
     すべての図形を選択し、グループ化します。

     

    2016/6 S.Mineo


    *「Word2013」で描いています。

    *テキストの「テーマの色」の「配色」はOffice(2013)です。

     2013以外をお使いの方は、似た色で塗りつぶしてください。

    シェイプアートの印刷方法について

    読者のみなさまへ

     2008年から続いた「Word&Excelでお絵かき」は今回で終了します。
     長い間ご愛読いただき、誠にありがとうございました。
     これまで講師を務めてこられた峰尾節子さんと片平三知子さんから、読者のみなさんへメッセージをいただきましたので、紹介します。

    <峰尾先生のメッセージ>
     みなさま、長い間「Wordでお絵かき」にお付き合いいただき、ありがとうございました。
     連載の終了はとても残念ですが、担当させて頂いた間は、皆様の温かい励ましのおかげで楽しく描く事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも楽しくお絵かきを続けて頂ければ嬉しく思います。
     また、ヨミウリ・オンラインの皆様には編集のサポートをして頂き、厚くお礼を申し上げます。
     この度、 お絵かきのブログ を開設致しましたので、どうぞご覧ください。
     みなさま、本当にありがとうございました。

    <片平先生のメッセージ>
     2014年7月からこちらの講師という大任を引き受けさせていただき、あっという間に2年の歳月が過ぎました。
     最初は不安だらけでしたが、読者の皆様方の温かいコメントや励ましに支えられここまで続けることができました。
     こちらの講師は終了しますが、オートシェイプのイラストはこれからも続けていこうと思っております。
     みなさまもお絵かきをますます充実され、楽しい時間をお過ごしくださいますようお祈り致します。
     最後になりますが、読者の皆様、ヨミウリ・オンライン編集部の皆様、このご縁と今日までお世話になりましたことを心より感謝致します。
     またいつかの機会にお会いできることを願っています。
     本当にありがとうございました。

    2016年06月22日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    峰尾節子  (みねお・せつこ
     シェイプアートの「簡単・奇麗・パソコンがキャンパス」の手軽さに魅かれて描いています。シニアパソコンボランティアでシェイプアートの普及活動を推進。峰尾さんのホームページ「気ままな楽描き
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    お墓・ハカダス
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ