<速報> 空自浜松基地所属のヘリ、通信途絶える
    文字サイズ
    セクハラやパワハラ、ネット犯罪に対処するための法律の知識が身に着くコラム。

    ゲームキャラクターの無断使用で逮捕?

    相談者 AKさん(33)

    • イラストレーション・荒木田美咲
      イラストレーション・荒木田美咲

     私は、自他共に認めるゲームオタクです。まだ独身で、ちょっと前までフリーターで食いつないでいました。仕事に縛られるより、好きなゲームを好きなだけやれるって最高です。特に格闘ゲームにはまっていて、ゲームに登場するキャラクターのイラストを描くのも大好きです。

     ゲームキャラクターをモデルに、同人誌に描いたイラストや漫画を投稿したり、自分のブログ上にそれらを載せたりしていますが、自分で言うのもなんですけど、私が描いたキャラクターは、実物のキャラクターよりリアルで、友達も「プロはだしの腕」と言ってくれます。漫画のページやゲーム画面そのものをそのままコピーして載せたりすることは著作権法の問題がありそうなので、もちろんしていません。

     しかし、1年前にコミケ(コミックマーケット)で、私が売り出した同人誌が若い女の子たちの間でなぜか、大人気になりました。同人誌は1冊1000円と強気の値付けでしたが、定期的に開催されるコミケで完売が続き、増刷に次ぐ増刷。お小遣い程度とは言えないほどの収入を得ることができました。

     ところが、先日、私のスマートフォンが鳴り出しました。端末に表示された電話番号には見覚えはなかったんですが、いつまでたっても切れないので、仕方なく出てみました。

     「もしもし、AKさんでいらっしゃいますでしょうか。当社のゲームキャラクターである○○の件なんですが……」

     受話器の向こうから聞こえてくる男性の声はくぐもってはいましたが、なんだか詰問調でした。私も正直びびってしまい、これまでの経過を説明したうえで、ゲームキャラクターのイラストを同人誌に描き、販売したことを認めました。すると、その人は「それは著作権法に違反していますね。当社としては損害賠償を考えているんですがね……」とそう言い残して、一方的に電話を切ってしまいました。

     

     私が描く漫画の登場人物は、ゲーム好きが見れば「ああ、あのゲームのキャラクターだな」と気がつくと思います。とはいえ、全くのコピーではない以上は問題ないと思っていました。先日の電話も、私の人気をねたんだ、だれかのイタズラの可能性もあるわけで、半信半疑のところもありました。ところが、たまたま先日、コミック誌のコラムで似たような裁判があると書いてあることに気がついて、正直やばいと……と思ったんです。しかも、民事責任だけでなく、刑事責任まで問われると書いてあります。もしかしたら、私も著作権法違反で、民事責任だけでなく、刑事責任まで問われて前科がつく可能性があるのでしょうか。(最近の事例をもとに創作したフィクションです)

    (回答)

    「ハイスコアガール」事件

     大阪府警は2014年11月17日、コミック誌に連載されていた人気漫画「ハイスコアガール」で、他社のゲームに登場するキャラクターを無断で使用したとして、コミック誌の発行元である株式会社スクウェア・エニックス、同社の編集出版の役員や担当者、漫画の作者、合計16人を著作権法違反の疑いで大阪地検に書類送検しました。

     報道によれば、本件は自社のゲームソフトに登場するキャラクターの無断利用により著作権侵害をしたとして、株式会社SNKプレイモアが、大阪府警にスクウェア・エニックスを刑事告訴したことを受けてとのことです。

     SNKプレイモア側は、「ハイスコアガール」には同社が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム(「ザ・キング・オブ・ファイターズ」「サムライスピリッツ」「餓狼伝説」など)に関わるキャラクターや画像、ロゴ、パッケージなどが随所に、ほとんどそのまま使用され、計166か所でSNKプレイモアの著作権が侵害されていると主張して、刑事告訴に及んだということです。

     この事件は、大阪府警生活経済課が2014年8月5日、著作権法違反容疑で、スクウェア・エニックスの本社など関係先を家宅捜索したことが報道されて以来、業界でも話題を集めていました。それが、書類送検という新たな事態を受けて、驚きの声が上がりました。本件に関してはその後、公訴提起がなされたとの報道はありませんが、今後の展開が注目されるところです。

     スクウェア・エニックス側は、このような事態に対応して「ハイスコアガール」の回収・販売停止・一時休載といった措置を取りました。同時に、対抗措置として2014年10月8日、SNKプレイモアに対して、著作権侵害の事実がないことの確認を求め、債務不存在確認の民事訴訟を大阪地方裁判所に提起して、現在係争中ということです。つまり、著名なゲーム会社同士が著作権を巡り、正面から激しく対立するという様相を呈しているのです。

    2015年03月25日 10時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    蒲俊郎 (かば・としろう
    弁護士(第二東京弁護士会所属)
    城山タワー法律事務所代表
    http://www.shiroyama-tower.com/
    桐蔭法科大学院・教授
    http://toin.ac.jp/lawschool/teacher/kaba/
    桐蔭法科大学院・法科大学院長
    http://toin.ac.jp/lawschool/info-top/message2/
    日本法律家協会会員、日本私法学会会員、情報ネットワーク法学会会員他
     専門分野は、電子商取引全般、労働事件(使用者側)、会社商事関係全般等
     多数の企業の顧問弁護士として日々活動するほか、複数の上場するネット企業の社外監査役なども務める。他方、2010年4月、ロースクールのトップである法科大学院長に就任し、多忙な弁護士業務の傍ら、次の時代を担う法曹の育成にも注力している。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ