<速報> 脚本家の早坂暁さん死去…「天下御免」「夢千代日記」
    文字サイズ
    セクハラやパワハラ、ネット犯罪に対処するための法律の知識が身に着くコラム。

    自転車の危険運転で講習義務化

    相談者 TOさん(52)

    • イラストレーション・荒木田美咲
      イラストレーション・荒木田美咲

     夕刻、スマートフォンのLINEの着信音が鳴った。見ると、社会人になったばかりの娘から。「後ろから自転車がぶつかってきてけがしちゃった」と書いてある。

     慌てて、「大丈夫?」と返信。娘からは「かすり傷程度だから大丈夫。でも、腰も打っちゃって」という返事だった。念のため、病院で精密検査を受けさせたが、異常はなくてひと安心。でも、娘の話によると、ぶつかってきた自転車の男は「すいません」とだけ言い残して、走り去ってしまった。

     私は専業主婦。こんなことがつい先日あって、新聞を読んでいたら、自転車に関する道路交通法が改正されたという記事が載っていました。重大な事故につながる危険行為を繰り返した自転車の運転者に対して、安全講習の受講を義務づけるようになったとか。

     このコーナーの2013年10月23日の記事「子供の自転車事故で、親の賠償金9500万円!」で紹介されていたように、自転車は時に自動車と同じく凶器になり得るものです。死亡者や病院で寝たきりになってしまう人すら出ているにもかかわらず、猛スピードで歩道を走行する自転車や、あたかも歩行者がよけるのが当然というように、ベルを鳴らしながら歩道を走り抜けていく自転車もよく見ます。

     ああいうマナーの悪い人たちの精神構造はどうなっているのか。娘のこともあって、もっと自転車に対する規制を強化してほしいと思っていただけに、今回の改正には大賛成です。そこで、今回の法改正の内容を詳しく説明してもらえますか。(最近の事例を参考に創作したフィクションです)

     

    (回答)

    自転車危険運転で講習

     6月1日の新聞各紙を(にぎ)わせたのが、自転車の運転者に安全講習の受講を義務づける改正道路交通法施行のニュースでした。改正道路交通法では、刑事処分とは別に、3年以内に2回以上、危険行為で摘発された14歳以上の運転者に、各地の警察本部や運転免許センターなどでの安全講習(3時間)の受講が義務づけられることになります。

     最近、朝方や夕方に、スーツを着たサラリーマン風の人がヘルメットを着用し、車道を颯爽(さっそう)と走っていく姿をよく目にするようになりました。最近の健康志向を受けて、通勤などで自転車を利用する人が増えているのだと思います。ただ、高機能の自転車が車道を高速で走行すると、もはやバイクなどと何も変わらず、横断歩道を歩行中に、信号を無視してきた自転車にヒヤリとした経験を持つ人も多いと思います。

     警察庁交通局の調べでは、2014年に発生した交通事故のうち、自転車が関係する事故がいまだに約2割を占めているそうです。また自転車が関係する死亡事故も交通死亡事故全体の13.5%を占めています。

     自転車乗用中の死傷者数は10万6,427人(うち死者数は535人)で、このうち法令違反がある人の割合は、自転車乗用中の死傷者全体の5分の3以上を占めているということです(「平成26年中の交通事故の発生状況」)。

     6月1日の読売新聞にも「自転車 凶器になる」との大見出しが掲げられ、一歩間違えれば大事故につながりかねない自転車に対する対策が必要であることが指摘されています。

    自転車事故で相次ぐ、多額の損害賠償を命じる判決

     相談者が指摘している、本コーナー「子供の自転車事故で、親の賠償金9500万円!」(2013年10月23日)で取りあげた、神戸地方裁判所の判決(平成25年7月4日)のように、最近は、自転車事故でも、多額の損害賠償が命じられる例が少なくありません。

     この事故は、事件当時11歳の男子小学生が自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路で歩行中の女性(当時62歳)と正面衝突した事案です。昨年1月にも、交差点の青色信号に従って横断歩道を横断中の女性(事件当時75歳)に、信号無視をして走行してきた自転車が衝突、女性が死亡した事件で、東京地方裁判所は自転車運転者に対し4,700万円余りの損害賠償を命じています(平成26年1月28日判決)。

     改正道路交通法施行直後の6月10日にも、横断歩道を渡っていた77歳の女性が、イヤホンをつけながら自転車を運転していた19歳の少年にはねられて死亡したとのニュースが流れました。被害に遭った女性は、近所に住む娘さんを訪ねた帰りの横断歩道上で事故に遭遇したそうで、何とも痛ましい話です。自転車は赤信号を無視していたとの目撃情報も報じられており、なおさら事故の悪質性が浮かび上がります。

     ちなみに、上記のような「自転車対歩行者」の事故ばかりではなく、「自転車同士」の事故も多発しています。例えば、男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突、男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残ったという事案で、東京地方裁判所は9,200万円余りの損害賠償を認めています(平成20年6月5日判決)。

     このような重大事故が発生した場合、自動車における自賠責保険のような強制加入保険がない自転車では、事実上賠償を受けられないことも想定され、一層大きな問題となっています。最近は、損害保険会社が自転車事故に絞った保険を相次いで投入したり、一部の自治体では、自転車の購入者に保険加入を事実上義務づける条例を制定したりもしているようですが、そのような試みは始まったばかりであり、十分に普及しているとは言い難い状況です。

     現在では、たとえ自転車であっても悪質な違反を繰り返すような運転者は、略式起訴され罰金刑を科される状況となっています。上記のように民事上の責任が重くなるのに伴い、刑事上の責任においても自転車運転者に対する厳罰化の動きが今後ますます進んでいくと思われます。

    2015年07月22日 12時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    蒲俊郎 (かば・としろう
    弁護士(第二東京弁護士会所属)
    城山タワー法律事務所代表
    http://www.shiroyama-tower.com/
    桐蔭法科大学院・教授
    http://toin.ac.jp/lawschool/teacher/kaba/
    桐蔭法科大学院・法科大学院長
    http://toin.ac.jp/lawschool/info-top/message2/
    日本法律家協会会員、日本私法学会会員、情報ネットワーク法学会会員他
     専門分野は、電子商取引全般、労働事件(使用者側)、会社商事関係全般等
     多数の企業の顧問弁護士として日々活動するほか、複数の上場するネット企業の社外監査役なども務める。他方、2010年4月、ロースクールのトップである法科大学院長に就任し、多忙な弁護士業務の傍ら、次の時代を担う法曹の育成にも注力している。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ