文字サイズ
    セクハラやパワハラ、ネット犯罪に対処するための法律の知識が身に着くコラム。

    「ファイトーイッパーツ」「おーいお茶」が商標に

    相談者 E.Tさん

    • イラストレーション・橋本真貴子
      イラストレーション・橋本真貴子

     私はある中堅食品メーカーで宣伝を担当しています。主力商品は子ども向けのお菓子。創業以来の人気商品で、時代によってパッケージは変えてきましたが、コマーシャル(CM)の最後で軽快なメロディーとともに商品名を読み上げる部分は変わっていません。CMの印象が強いせいか、長年にわたってうちの商品のファンという人も多く、中には親子でこのお菓子を買い求める人もいます。浮き沈みの激しいこの業界で、これは大切なわが社の財産だと考えています。

     先日、うちの部署に社長が来て言いました。「おい、新聞に音声が商標登録されたと書いてあるぞ。うちでも可能か、至急検討するように」。記事を読むと、2人組の男性が岩か何かを登り切った時に叫ぶ「ファイトーイッパーツ」、人気俳優がおいしそうにペットボトルのお茶を飲むCMの「おーいお茶」など、いろいろな「音声」が商標登録されたようです。子どものころ好きだったウルトラマンのカラータイマーの音まで登録申請されたというではありませんか。

     ただ、何もかもが認められると言うわけでもなさそうです。認められるものと認められないものの線引きはどうやってなされたのでしょうか。新しいCMの企画も同時並行で進めなければならず、担当者としては胃の痛くなる日が続きます。音の商標登録の基本的な事柄について、教えていただければ幸いです(最近の事例をもとに創作したフィクションです)。

    (回答)

    商標登録された音の商標

     10月27日、特許庁は、音商標や動き商標等の新しいタイプの商標43件について、初めて登録を認める旨の判断をしたと公表しました。

     今回の相談のテーマである、音商標について登録が認められた主なものは、次のようなものです。

     ・久光製薬がTVCM等で使用している「HISAMITSU」というメロディーと音声

     ・味の素がTVCM等で使用している「あじのもと」というメロディーと音声

     ・小林製薬がTVCM等で使用している「ビフナイト」「ブルーレットおくだけ」「ブルーレット」「いのちーのははエー」「さらっさらーのサラサーティ」というメロディーと音声

     ・大幸薬品がTVCM等で使用している「クレべリン」というメロディーと音声

     ・花王がTVCM等で使用している「ビオレ」というメロディーと音声

     ・ライオンがTVCM等で使用している「スマイルよんじゅう」というメロディーと音声

     ・エプソン販売がTVCM等で使用している「カラリオ」というメロディーと音声

     ・第一生命がTVCM等で使用している「だいいちせいめい」というメロディーと音声

     ・フジッコがTVCM等で使用している「ふじっ子のおまめさん」というメロディーと音声

     ・大正製薬がリポビタンDのTVCMに使用している「ファイトーイッパーツ」という音声(ちなみに、「本商標は、『ファイトー』と聞こえた後に、『イッパーツ』と聞こえる構成となっており、全体で5秒間の長さである」という商標として登録されています)

     ・エステーがTVCM等で使用している「ピヨピヨ、エステー」という音声

     ・伊藤園がTVCM等で使用している「おーいお茶」という音声

     ・アスクルがTVCM等で使用している「ソロエル」という音声

     ・バンダイナムコホールディングスがゲーム内等で使用している「バンダイナムコ」という音声

    法改正により音や色彩も商標登録可能に

     「特許法等の一部を改正する法律」により商標法が改正されて、2015年4月1日から施行されたことに伴い、音商標や色彩のみの商標など、これまで登録し保護することができなかった商標の登録が可能になりました。

     改正前の商標法では、商標の定義について、「文字、図形、記号()しくは立体的形状若しくはこれらの結合(また)はこれらの色彩との結合」とされており、文字等と結合していない色彩のみや音などについては、商標法の保護を受けることができませんでした。

     改正後の商標法では、人の知覚によって認識することができるもののうち、「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの」(商標法第2条第1項)とされており、色彩のみ、音、その他政令で定めるものについても、商標として登録することができるようになりました。

     従来、音商標は、著作権法や不正競争防止法で保護される可能性が一応ありましたが、今後は、音商標として登録することで、直接、商標法による保護を受けることができるようになったわけです。

    2015年11月11日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    蒲俊郎 (かば・としろう
    弁護士(第二東京弁護士会所属)
    城山タワー法律事務所代表
    http://www.shiroyama-tower.com/
    桐蔭法科大学院・教授
    http://toin.ac.jp/lawschool/teacher/kaba/
    桐蔭法科大学院・法科大学院長
    http://toin.ac.jp/lawschool/info-top/message2/
    日本法律家協会会員、日本私法学会会員、情報ネットワーク法学会会員他
     専門分野は、電子商取引全般、労働事件(使用者側)、会社商事関係全般等
     多数の企業の顧問弁護士として日々活動するほか、複数の上場するネット企業の社外監査役なども務める。他方、2010年4月、ロースクールのトップである法科大学院長に就任し、多忙な弁護士業務の傍ら、次の時代を担う法曹の育成にも注力している。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ