<速報> 脚本家の早坂暁さん死去…「天下御免」「夢千代日記」
    文字サイズ
    セクハラやパワハラ、ネット犯罪に対処するための法律の知識が身に着くコラム。

    斜線引いた遺言書が無効って本当? 有効な遺言書の作り方教えて

    相談者 T.Kさん

    • イラストレーション・橋本真貴子
      イラストレーション・橋本真貴子

     父が先日亡くなりました。長年、開業医として自宅兼診療所で働いてきた人です。大きな病院が近くにないので、地元の人には頼りにされていたようです。そんな姿を見て育った兄も医者になり、父と2人で診療所を切り盛りしていました。私は3人きょうだいの末っ子。兄の2つ下に姉がいます。私は東京の女子大を出た後、都内で働き、2年前に結婚しました。姉もすでに結婚して独立しています。

     父は地元で名士と言われる家に育ったせいでしょうか、とても厳格で娘には近寄りがたい存在でした。4年前に母が亡くなってからは、ますます気難しくなり、会うのはお正月に帰省した時だけになっていました。父が体調を崩した後も、何となく兄にまかせきりだったことが、今になって悔やまれます。

     葬儀もつつがなく終わり、きょうだい3人がそろった時に貸金庫を開けることにしました。中から出てきた遺言書には、全ての財産を兄に渡すと書かれていました。晩年のことを考えると、その内容は予想したもので驚きはありませんでしたが、ただ、不思議なことに、文字の上から赤色のボールペンで大きく斜線が引かれています。兄は、「父の面倒を見て診療所の経営も手伝っていた自分がすべての財産をもらい受けるのは当然であり、父もそのような話をしていた」と言っています。斜線が引かれていることについては、「遺言書には変わりなく、書かれている文字も十分読めるのだから、遺言の効力に問題はない」と主張しました。

     私も姉も、父の面倒を兄に押しつけてきたこともあり、兄の言い分も理解できなくはないのですが、自分の取り分が全くないというのは釈然としません。それに、遺言書があるといっても斜線が引かれているということは、父は一度遺言書を作ったあとに翻意したのではないかという疑念もあります。私はどのような主張ができると考えられますか。

     なお、この際、私自身の問題も相談したいと思います。私と夫との間に子どもはいません。夫に万一のことがあった場合、相続財産はすべて自分のものになると安易に思っていましたが、先日何げなく見ていたテレビでは、子どもがいない夫婦の場合、夫がきちんと遺言書を作っていないと大変なことになると言っていました。その大変なことというのはどういう意味でしょうか。ちなみに、夫の両親は既に亡くなっていますが、夫の3人の兄弟は健在です。また、夫に遺言書を作ってもらっても、父のケースのように有効性に疑念が残っては争いのもとになります。遺言書の正式の作り方についても教えて下さい(最近の事例をもとに創作したフィクションです)。

    (回答)

    遺言書に関する最高裁判所の判断が話題に

     平成27年(2015年)11月20日、最高裁判所第2小法廷は、赤色の斜線が引かれた遺言書の効力が争われた訴訟の上告審で、遺言書を有効とした広島高等裁判所の判決を破棄し、無効とする判決を言い渡しました。

     報道によると、原告の女性の父親は、生前、自宅や経営していた病院の土地・建物や預金など、財産の大半を長男に相続させるとする自筆の遺言書を作成していました。父親の死後に、その遺言書が病院の金庫から見つかりましたが、遺言書は用紙1枚で、自筆遺言証書の要件は充足していましたが、文面の左上から右下にかけて赤色のボールペンで斜線が引かれていたことから、原告の女性が、遺言書は破棄されたものであるから無効だと主張し、遺言無効確認訴訟を提起したということです。

     この判決は新聞などで大きく取りあげられましたが、それを見た人は、文書に斜線が引いてあるなら無効になるのは当然で、なぜ、広島高等裁判所がその遺言書を有効としたのか分からないという印象を持ったかも知れません。

     確かに、書面上で、左上から右下にかけて赤で斜線が引かれていたら、その書面を破棄したという意味に受け取るのが通常だと思います。ただ、このように高等裁判所と最高裁判所で判決が分かれたのは、遺言書作成に関する、民法の厳格な姿勢に原因があります。

    裁判所の判断が分かれた原因

     この問題を理解するためには、まず、遺言書に関し、民法に次のような規定があることを知る必要があります。

    (民法968条2項)

     自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

    (民法1024条)

     遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

     上記民法1024条の「破棄」には、焼却・破り捨てなど、遺言書の形状を破壊する行為、黒く塗り潰して内容を判別できない程度にする行為などが含まれると考えられます。他方、遺言書を「変更」するためには、民法968条2項に記載されているような一定の厳格な要件が求められています。

     そこで、本件で問題となっている斜線のように、遺言書の文面が読める状態である場合には、1024条の「破棄」に当たるとして、遺言が撤回されたと考えるのか、()しくは民法968条の「変更」に当たるとして、ただ同条2項所定の要件を具備していない限りは変更の効力を生じない、すなわち遺言書は有効と考えるか、見解が分かれていたのです。

    各裁判所の判断内容

     原審である広島高等裁判所は、「本件斜線が引かれた後も本件遺言書の元の文字が判読できる状態である以上、本件遺言書に故意に本件斜線を引く行為は、民法1024条前段により遺言を撤回したものとみなされる『故意に遺言書を破棄したとき』には該当しない」として、遺言書は有効と判断しました。

     それに対して、最高裁判所は、遺言書は無効と判断し、次のように判示しています。

     「民法は、自筆証書である遺言書に改変等を加える行為について、それが遺言書中の加除その他の変更に当たる場合には、968条2項所定の厳格な方式を遵守(じゅんしゅ)したときに限って変更としての効力を認める一方で、それが遺言書の破棄に当たる場合には、遺言者がそれを故意に行ったときにその破棄した部分について遺言を撤回したものとみなすこととしている(1024条前段)。そして、前者は、遺言の効力を維持することを前提に遺言書の一部を変更する場合を想定した規定であるから、遺言書の一部を抹消した後にもなお元の文字が判読できる状態であれば、民法968条2項所定の方式を具備していない限り、抹消としての効力を否定するという判断もあり得よう。ところが、本件のように赤色のボールペンで遺言書の文面全体に斜線を引く行為は,その行為の有する一般的な意味に照らして、その遺言書の全体を不要のものとし、そこに記載された遺言の全ての効力を失わせる意思の表れとみるのが相当であるから、その行為の効力について、一部の抹消の場合と同様に判断することはできない。以上によれば、本件遺言書に故意に本件斜線を引く行為は、民法1024条前段所定の『故意に遺言書を破棄したとき』に該当するというべきであり、これによりAは本件遺言を撤回したものとみなされることになる。したがって、本件遺言は、効力を有しない」

    2016年01月27日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    蒲俊郎 (かば・としろう
    弁護士(第二東京弁護士会所属)
    城山タワー法律事務所代表
    http://www.shiroyama-tower.com/
    桐蔭法科大学院・教授
    http://toin.ac.jp/lawschool/teacher/kaba/
    桐蔭法科大学院・法科大学院長
    http://toin.ac.jp/lawschool/info-top/message2/
    日本法律家協会会員、日本私法学会会員、情報ネットワーク法学会会員他
     専門分野は、電子商取引全般、労働事件(使用者側)、会社商事関係全般等
     多数の企業の顧問弁護士として日々活動するほか、複数の上場するネット企業の社外監査役なども務める。他方、2010年4月、ロースクールのトップである法科大学院長に就任し、多忙な弁護士業務の傍ら、次の時代を担う法曹の育成にも注力している。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ