文字サイズ
    30代、40代女性の恋の悩みに、恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの木村隆志さんがアドバイス。

    恋人の借金の明細を発見…別れるべき?【4択編】

    2社合計210万円。ギャンブルの疑い

     どんなに相手のことが好きでも、結婚を考えたときに気になってしまうのは金銭面。「相手の収入や貯蓄額は気にしない」という人でも、さすがに「借金はスルーできない」のではないでしょうか。

     絵美さん(仮名、32歳)は、交際6か月の恋人(34歳)と誕生日を祝い合ったり、温泉旅行をしたり、幸せな日々を送っていました。しかしある日、彼に多額の借金があることに気付いてしまい、交際を続けていくべきかどうか、迷っているようです。

     絵美さん「彼の部屋に行ったときに、消費者金融の明細を見つけてしまいました。2社合計で210万円も借金があったんですよ……」

     木村「彼に借金のことを尋ねましたか?」

     絵美さん「(首を横に振りながら)驚きが大きかったし、怖くて聞けませんでした。仕事は真面目にやっている人ですし、私にはすごく優しいので、まさかという心境です」

     木村「借金の理由に心当たりはありませんか?」

     絵美さん「(うなずきながら)だいたい目星はついています。彼は競馬と麻雀(マージャン)が大好きで、いつも新聞や雑誌を読んでいるので、ギャンブルではないかと……。彼の実家は地元で賃貸マンションのオーナーをしているのでお金に困っていないはずですし、大きな買い物もしていないので、それ以外の理由は考えられません」

     木村「絵美さんが最も懸念しているのは、『借金のある彼との将来は考えづらい』ということでしょうか? それとも、『隠し事が分かって信用できなくなった』ということでしょうか?」

     絵美さん「両方あるのは確かですね。ただ、相性はいいと思っていましたし、彼も『ずっと一緒にいられたらいいね』と言ってくれていたので、『私が借金のことさえ目をつぶればいいのかな』という気持ちもあります」

     木村「借金が発覚する前は、近いうちに彼と結婚する気だったのでしょうか?」

     絵美さん「『遅くとも2年以内に結婚できたらいいかな』とは思っていました。でも、姉や友人からは『やめたほうがいいんじゃないの?』と言われるし、正直どうしたらいいのか分かりません」

    絵美さんが取るべき行動は? 4択でクリック!

     【A】 彼が借金を完済するまで会うのをやめる
     【B】 一緒に住んで、彼の行動を監視する
     【C】 彼の給料とクレジットカードを預かり、こづかい制にする
     【D】 同じことを繰り返しそうなので、きっぱり別れる

    ※それぞれをクリックすると……(5点満点で採点+解説します)

    2017年03月06日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    木村 隆志   (きむら・たかし
    コンサルタント/コラムニスト。ティーンから中高年世代まで、幅広い年齢層の相談を受け続け、コンサル数は対面だけで通算2万組超。また、各メディアに毎月20本強のコラムを寄稿している。最新刊『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)が12月1日に発売。その他の著書に『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(同文舘出版)、『話しかけなくていい!会話術』(CCCメディアハウス)、『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)、『好感度がアップする プラスひと言会話表現605』(こう書房)、『友活はじめませんか? 30代からの友人作り』(遊タイム出版)などがある。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    お墓・ハカダス
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ