文字サイズ
    30代、40代女性の恋の悩みに、恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの木村隆志さんがアドバイス。

    交際7か月で、彼の増毛が発覚。このまま付き合える?

    「イケメン」と言われてうれしかったのに

     恋人から(うそ)をつかれていたことが分かったとき、あなたはどんな反応を返し、どんな決断を下しますか? 今回の相談者・晴菜さん(仮名、32歳)は、あることがきっかけで恋人(37歳)の嘘に気付き、ショックで私のもとを訪れました。

     交際歴7か月で愛情が深まり始めた矢先の出来事に、晴菜さんは「好きという気持ちはあるけど、どう考えたらいいのか分からない」と困り果てていたのです。

     晴菜さん「彼とは友人の紹介で知り合って付き合い始めました。毎日連絡は取り合っていますし、毎週末は必ずどこかへ遊びに行っています。ときどき将来の話も出るなど、いい感じでお付き合いできていたんですよ。でも、ある日、彼の部屋で6年くらい前の写真を何枚か見つけてしまって……別人のように髪の毛がなかったんです」

     木村「髪を短く切っていたのではなく……」

     晴菜さん「おでこのほうから薄くなっていて、前から見たら毛がほとんどない状態でした。私が出会ったころから前髪がしっかりあったので、『嘘をついていたんだ』とすぐに分かったんです」

     木村「カツラをつけているか、増毛したか」

     晴菜さん「一人でいっぱい考えましたが、やっぱり黙っていることができなくて、彼に聞いてみたんですよ。そしたら『増毛している』と正直に言いました。彼は『嘘ついてごめん』と謝ってくれたのですが、私は返事ができなくて……。今まで友人たちから『イケメンの彼がいてうらやましい』と言われ、うれしかったこともあってショックだったんです」

     木村「晴菜さんにとって最大の問題は何ですか?」

     晴菜さん「それが自分でもよく分からないんですよ。あの写真が頭から離れなくて、好きという気持ちが減ったような気がしますし、嘘をつかれていたことへの不信感もありますから。それと、増毛の値段が毎月4万~5万円かかると言っていたので、『もし彼と結婚したら、経済的負担が大きいな』とも思ってしまいました」

    心ではなく視野が狭くなっているだけ

     木村「彼の人柄について、7か月の交際期間で、何か気になったことはありませんでしたか?」

     晴菜さん「優しくて穏やかなところは(すご)くいいんですけど、ときどき『どうしよう……』と優柔不断になるなど、男らしくないところがありました。デートのときも、私が彼をリードすることが多かったですから。今思えば、そういう人だから薄毛のことを言えなかったのかもしれませんね」

     木村「『彼との交際を続けていくのか迷っている』ということですか?」

     晴菜さん「『自分の気持ちがすっきりして仲良くできるのであれば、彼とやっていきたい』という気持ちはあります。でも、『これからも都合の悪いことは嘘をつくんじゃないか』とか、彼を信じられるのか分からないという気持ちもあるんですよ」

     木村「『彼を信じる自信が持てない』から『彼とやっていきたい』と言い切れないわけですね」

     晴菜さん「その自信が持てないので、『別れたほうがいいのかな』という気持ちがないわけではありません。『他の男性を探すとしたら、年齢的に最後のチャンスかな』という気持ちもありますから。実は声をかけてくれる男性や飲み会の誘いもあって、『私もまだギリギリモテる年齢なのかな』という感覚があるので」

     木村「ただ晴菜さんは、男性の誘いに乗ったり、飲み会に行ったりせず、私のところへ相談に来ているわけですよね。これはやはり彼への思いが強いからだと思いますし、少なくとも彼との関係を頭の中で整理するまでは、他の出会いを探さないほうがいいでしょう」

     晴菜さん「おっしゃる通りかもしれません。この1週間、彼と付き合い始めてからの7か月間をずっと考えていましたが、楽しい思い出ばかりでしたから。『薄毛とか、悪気のない嘘とかにとらわれてしまう私の心が狭いのかな』とも思いました」

     木村「心が狭いというよりも、突然の出来事に視野が狭くなっているのかもしれませんね。だからこそ、さまざまな視点から彼と自分を見つめ直すことで、視野を広げてから決断を下してほしいんですよ」

     晴菜さん「『さまざまな視点から』ってどんなことですか?」

     木村「三つの視点があるので、順番に話していきますね」

    ―晴菜さんが視野を広げるために必要な三つの視点とはどんなことなのでしょうか。

    2017年10月30日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    木村 隆志   (きむら・たかし
    コンサルタント/コラムニスト。ティーンから中高年世代まで、幅広い年齢層の相談を受け続け、コンサル数は対面だけで通算2万組超。また、各メディアに毎月20本強のコラムを寄稿している。最新刊『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)が2016年12月1日に発売。その他の著書に『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(同文舘出版)、『話しかけなくていい! 会話術』(CCCメディアハウス)、『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)、『好感度がアップする プラスひと言会話表現605』(こう書房)、『友活はじめませんか? 30代からの友人作り』(遊タイム出版)などがある。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ