文字サイズ
    インテリア用品を手作りしたい人のための情報満載。

    園芸用品で室内ドアストッパーを作ろう!

     100円ショップのアイテムである園芸用の天然石を使った「室内ドアストッパー」の作り方を紹介します。ドアストッパーだけではなく、室内にちょこんと飾る可愛(かわい)いオブジェとしてもいかがですか?

    用意するもの

    ・園芸用天然石(100均アイテム)

    ・厚手の布(ウール地やフリース地がおすすめ)

    ・型紙用の用紙(A4サイズくらい)

    ・緩衝材(45×60センチくらい)

    ・裁縫道具(針・とじ糸・(はさみ)・チャコペン)

    ・毛糸(飾り用)

    ・ビーズ2個(飾り用)

    ・ボンド

    ・ミシン(なければ手縫いでOK)

    手順

    <1>型紙づくり

     用紙にふくろうの胴体・お(なか)・羽・口ばし・目を描き、鋏でカットして型紙を作ります。

    <2>裁断

     型紙を布に置き、それぞれのパーツを裁断します。胴体は「わ」にした部分を除き縫い代1.5センチぐらいをつけて裁断します。お腹、目、羽、くちばしは、縫い代なしで型紙どおりに裁断します。

    <3>飾りつけ

     胴体の布にお腹の部分をのせてまち針で留めます。 胴体の輪にした部分(中央線)から2.5センチ下がったところに腹の下辺がくるように置きます。

    • お腹の回りは毛糸を使って「ブランケットステッチ」をしていきます。
      お腹の回りは毛糸を使って「ブランケットステッチ」をしていきます。
    • お腹の中は「フライステッチ」をしていきます。
      お腹の中は「フライステッチ」をしていきます。

    • 次は目をお腹の回りと同じ「ブランケットステッチ」をしていきます。
      次は目をお腹の回りと同じ「ブランケットステッチ」をしていきます。
    • 目の中にビーズを付けます。
      目の中にビーズを付けます。

    • くちばしはボンドを塗り、三角に折り曲げます。
      くちばしはボンドを塗り、三角に折り曲げます。
    • くちばしをボンドで貼り付けます。
      くちばしをボンドで貼り付けます。

    <4>縫い合わせ

     胴体の布を二つ折りし、左右の直線部分を縫います。

    • 両側にマチを作ります。5センチくらいになる位置で縫っていきます。
      両側にマチを作ります。5センチくらいになる位置で縫っていきます。
    • マチが奇麗にでるようにひっくり返します。
      マチが奇麗にでるようにひっくり返します。

    <5>中身入れ

     緩衝材の上に天然石を置きます。

    • 緩衝材で天然石を包みます。
      緩衝材で天然石を包みます。
    • 胴体の中に入れます。
      胴体の中に入れます。

    <6>仕上げ

     羽の回りをお腹や目と同様に「ブランケットステッチ」をします。胴体の中に入れます。

    • 胴体に縫い付けます。
      胴体に縫い付けます。
    • 上から見た状態です。同じようにもう片方の羽も取り付けます。
      上から見た状態です。同じようにもう片方の羽も取り付けます。

    • ふくろうの頭のてっぺんをまち針で留めていきます。
      ふくろうの頭のてっぺんをまち針で留めていきます。
    • まち針を打った箇所を縫い合わせます。
      まち針を打った箇所を縫い合わせます。

    完成

     これで完成です! よかったら、福が来るという縁起物のふくろうを作ってみて下さい。(DIY―navi提供)

    DIY―naviとは
     株式会社トゥドゥが運営するDIY(Do It Yourself=日曜大工)に関する情報サイト。暮らしを豊かにするアイデア、住まいやインテリアへの一手間のかけ方を紹介します。ヨミウリ・オンラインはDIY―navi提供の記事をサイトに掲載、一緒に新しいライフスタイルを提案していきます。

    2017年05月17日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    ×

    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    読売ホームガイド×SUUMO