文字サイズ
    インテリア用品を手作りしたい人のための情報満載。

    不要ジーンズをリメイク! デスクまわりすっきりのウォールポケット

     穴が開いたボロボロのジーンズ、サイズアウトしてもうはけなくなったものなど、要らなくなったジーンズをウォールポケットにリメイクしませんか? デスクまわりがすっきり片付く、ポケットいっぱいのオリジナル収納。ぜひ試してみてください。

    用意するもの

     ・要らないジーンズ 1本

     ・不要の布(バイアステープ、裏打ち用の布)

    *市販のバイアステープを使う場合

     ・バイアステープ

     ・80×15センチほどの裏打ち用の布

    作り方

    1.ジーンズを切る

     前ポケット 2

     後ろポケット 2

     後ろウエストから

     後ろ中心まで 1

     足部分 2

     7つの部分にカットします。


    2.裾でポケットを作る

     ジーンズの裾部分を切り、袋縫いします。

     裾のステッチが残るように、裁断した部分を縫います。


    3.ベース部分を縫う

     左右の足部分を縫い合わせ、ベース部分を作ります。

     今回はステッチが左右の端に見えるように縫いましたが、中心に持ってきてもかわいいです。


    4.裁断した端をバイアステープでくるむ

     前ポケットは厚みがあり、端を折り込んで縫うのは大変です。バイアステープで端をくるめば、そのまま縫い付けられます。ただし、底部分だけは折り込みます。

    *バイアステープの作り方

     ・布を5センチ幅に細長く切る。

     ・アイロンをかけながら半分に折る。

     ・端を中心に向けてたたみ、アイロンをかける。

     ・もう片方の端も同様に。

     ネットに情報がたくさんあるので、そちらをご参考ください。


    5.フック部分を作る

     後ろ中心のひも状部分をきれいに折りたたみます。瞬間接着剤を使うと簡単にできます。ただし硬くなるので、後で縫い付ける先端部分には使わないでください。


    6.パーツの配置を決める

     先のベース部分にパーツを好きなように並べ、全体構造を決めます。 大きなポケットは下に置いた方が安定します。


    7.パーツを土台に縫い付ける

     各パーツを待ち針で止め(必要な部分はしつけ縫い)、縫い付けていきます。

     糸は二本取りで、本返し縫いでしっかり縫い付けましょう。

     ジーンズと同色の糸なら縫い目がほとんど見えないので、ザクザク縫っても大丈夫です。


    8.背面に当て布をする

     バイアステープを作った布で背面を覆います。

     定規で同じ形に切り、周囲を5ミリほど折って縫い付けていきます。


    完成

    シンプルに使う

     デスクまわりの小物だけでなく、眼鏡や手帳、イヤホンなど、よく使うだけに、どこかに置き忘れてしまう小物をまとめて入れておけば安心です。


    子ども用にアレンジ

     アップリケやビーズ、ボタンを付けて、子供用にアレンジすると楽しいウォールポケットになります。

     色鉛筆やカラーペン、リコーダー、定規など、子どもが普段よく使うものを入れる場所にすれば、片付けが上手になるかもしれませんね。

    デザインは無限

     1本のジーンズから生まれるデザインは無限です。今回、ベースにした両脚部分から、さらにたくさんのポケットを作ることも可能です。家族みんなの不要ジーンズを集めて、大きなウォールポケットに仕上げるのも素敵です。

     厚手で丈夫なジーンズはいろいろなものにリメイク可能。はけなくなっても捨てず、いろいろな形に変えて長く使い続けたいですね。(DIY―navi提供)

    DIY―naviとは
     株式会社トゥドゥが運営するDIY(Do It Yourself=日曜大工)に関する情報サイト。暮らしを豊かにするアイデア、住まいやインテリアへの一手間のかけ方を紹介します。ヨミウリ・オンラインはDIY―navi提供の記事をサイトに掲載、一緒に新しいライフスタイルを提案していきます。

    2017年07月13日 15時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    ×

    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    読売ホームガイド×SUUMO