文字サイズ
    インテリア用品を手作りしたい人のための情報満載。

    そうめんの空き箱がアクセサリーのハンガーに変身!

     夏にいただく機会の多いそうめん。空いた木箱、何かに使えそうなんだけど……。捨てるなんて勿体(もったい)ない!

     簡単DIYしてアクセサリーハンガーにしてはいかがでしょうか。お気に入りのネックレスを素敵(すてき)にディスプレーして楽しんじゃいましょう。

     そうめんの空き木箱で、アクセサリーディスプレーBOXを作ります。

    材料・道具

    用意するもの

    <材料>

    ・そうめんの木箱…1箱

    ・木製お皿スタンド(小サイズ)…1個

    ・コーナー金具…4個

    ・デザイン画(びょう)…5個

    ・三角吊り金具…2個

    ・ニス…適量

    ・ネジ…2個

     ※そうめんの木箱以外は100均で入手可能ですが、三角()り金具はホームセンターの方が手に入りやすいかもしれません。

    <道具>

    ・ノコギリ

    ・ドライバー

    ・錐

    ・木工用ボンド

    刷毛(はけ)

    <あれば便利なもの>

    ・ゴム製のハンマー

    作り方

    お皿立てをカット

     ノコギリを使い、お皿立てを写真のようにカットします。

     これがフック部分になります。

     お皿立ての接着が弱いために簡単に取れそうな場合は、引き抜いてもOKです。

    箱にフックをつける

     木箱に、先ほどカットしたお皿立てを取り付けます。

     カットした切り口が木箱と面するように、2か所にネジを打ちましょう。

     強度が必要なため、必ずネジで取り付けて下さい。

    ※ネジが棒に当たらない位置に打ち込んで下さい。

    ※写真のように箱の側面にそうめんの品質表示シールが貼ってある場合がありますが、後で隠れるので、はすがさずそのままにしておいていいです。

    飾り金具、飾り板をつける

     コーナー金具を箱の四隅にボンドで取り付けます。

     また、木箱の蓋を用意し、ノコギリでカットします。

     木箱の幅よりも1センチくらい余裕を持たせて切りましょう。

     カットした板を箱の上部にボンドで貼り付けます。

    ※蓋にそうめんの商品名などが印字されている場合は、箱に貼り付ける面で文字が隠れるように、蓋を切る時に調整して下さい。

     (きり)でフックの先端中央に穴をあけ、お好みの画(びょう)を差し込みます。

     ゴム製のハンマーを使って打ち込めば画(びょう)の装飾を傷つけずに済みます。

     錐で深く穴をあけておき、画(びょう)をボンドで取り付けてもOKですが、穴をあける時に木が割れないように注意して下さい。

     コーナー金具は、ダイソーのものを使用しました。セリアでも売っています。

    ニスで塗装、仕上げ

     ボンドが乾いたらニスで塗装します。

     今回はウォルナットカラーを使用しています。

    ※組み立てる前にあらかじめ塗装しておいた方が仕上がりは奇麗です。

     裏面上部に三角吊り金具をドライバーで取り付ければ完成です。

    完成!

     今回はニスでアンティーク風に仕上げましたが、ペンキで好きなカラーに塗装しても可愛いと思います。

     アクセサリーをたくさん掛けられるように金具などでフックを増やしても便利ですね。(DIY―navi提供)

    DIY―naviとは
     株式会社トゥドゥが運営するDIY(Do It Yourself=日曜大工)に関する情報サイト。暮らしを豊かにするアイデア、住まいやインテリアへの一手間のかけ方を紹介します。ヨミウリ・オンラインはDIY―navi提供の記事をサイトに掲載、一緒に新しいライフスタイルを提案していきます。
    2017年08月16日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄