文字サイズ
    インテリア用品を手作りしたい人のための情報満載。

    オリジナルの手作りリースで部屋を飾ってみよう!

     インテリアを探す時、自分の部屋のイメージにできるだけ合ったアイテムを探したい!という方も多いはず。そんな時、オリジナルの手作りリースは、部屋のイメージを自分流に演出できる、おすすめのアイテムです。今回は100円ショップのアイテムなどを使って作る、簡単な手作りリースをご紹介します!

    100円ショップのアイテムと組み合わせて作ってみる

     今回ご紹介する作品は、造花に加え、アクセントとして、アジアンテイストの木のネックレスも一緒に使ってみました。作っても楽しい、飾ってもおしゃれな創作リースです!


    いくつか持っていると便利な材料・道具

    リース、造花、木のネックレス、リボン、針金、ハサミ、ペンチなど。

     必要な材料は、ダークカラーの大きめのリースと造花。大きめの作品は心配という方は、最初はミニサイズのリースを作ってみるのもおすすめです。100円ショップで買うことができる造花は、気に入ったものを見つけたらいくつか購入しておけば、バリエーションが増えます。もちろん、アクセサリーなど、造花以外のオリジナルアイテムを追加することも可能です。


    各パーツをリースの上にのせて全体のイメージを考えてみる

     造花やレースのリボン、アクセサリーパーツなどを固定する前に、リースの上にのせて全体のバランスを確認してみましょう。造花によっては、切らずにリースの隙間(すきま)に埋め込んで使う方が、おしゃれに仕上がる場合も。DIYで自分だけのオリジナルのアイテムを作るチャンスです。思い切っていろんな方法を試してみましょう!


    パーツを切ってみる

     造花が長すぎる場合は、切って使います。造花はワイヤが中に入っているタイプは硬くて切りにくい場合もあります。ペンチやハサミで切りましょう。切る時は手をケガしないように気を付けてください。造花を切ったり、リースに埋め込んでみて、各パーツの配置を決めたら、細い針金で固定していきます。


    うまくパーツを取り付けることができない!

     細い針金は、見えない位置で使うようにすると、きれいに仕上がります。細い針金は、アイテムを浮かせて固定することができるので、作品を作る時に役に立ちます。しかし、扱うパーツによっては、取り付けるのが難しい!というアイテムもあります。そんな時は、100円ショップで購入できるグルーガンの使い方を覚えて、こちらを使ってみてくださいね。


    完成したら、さっそく飾ってみましょう!

     造花や、リボン、その他のパーツをリースに固定したら、実際に部屋に飾ってみましょう! 壁に飾ってみると、全体のバランスを確認できます。パーツを動かして、全体のバランスを整えましょう。自分の好きな色や、造花、好みのアクセサリーなどを使って作る、オリジナルの創作リース。上手になってきたら、プレゼントとして作ってみるのもおすすめです!


    DIY―naviとは
     株式会社トゥドゥが運営するDIY(Do It Yourself=日曜大工)に関する情報サイト。暮らしを豊かにするアイデア、住まいやインテリアへの一手間のかけ方を紹介します。ヨミウリ・オンラインはDIY―navi提供の記事をサイトに掲載、一緒に新しいライフスタイルを提案していきます。

    2017年09月27日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄