文字サイズ
    インテリア用品を手作りしたい人のための情報満載。

    エアプランツホルダーとデコパージュで作るミニランプ!

     部屋の一角にちょっと置いてみると、かわいいランプ。眺めていると心を落ち着かせてくれる、簡単なアイテムを使ってオリジナル作品に挑戦してみましょう!

     つくるのは、電池式ライトとエアプランツホルダーを組み合わせて作るかわいいランプです。部屋の雰囲気や部屋の色彩に合わせて、カスタマイズすることも可能です。

    使う材料・道具は?

     エアプランツホルダー、電池式ミニライト、木のトレー、デコパージュ用の紙、ノリ、和紙、リーフモチーフ、グルーガン、ボンド、アクリルペイントなど。

     ミニライトは、特に小ぶりのもので、何色かに輝くタイプを選んでみました。エアプランツホルダーは、デコパージュや、和紙を使ってコーティングしてみます。

    土台を木箱に固定します

     ランプが倒れないように、エアプランツホルダーの土台を木のトレーに固定します。グルーガンを使って留めます。トレーに空きスペースをつくると、アロマや時計などを置くこともできます。

    ランプ作り

     エアプランツホルダーの周りを、デコパージュや、和紙を使ってコーティングします。部屋のイメージに合わせて、工夫してみましょう。全て同じ色でも良いのですが、あえてコラージュのように、違う素材を使ってみるのも、おしゃれです。

     具体的には、エアプランツホルダーの隙間の間隔に合わせて、デコパージュ用の紙をカットします。

     デコパージュ用のノリは、筆を使って塗ると楽です。ついでに、他の容器に使う分のノリを出しておくと作業がスムーズに行きます。

    デコパージュでコーティング

     ワイヤの先にデコパージュ用のノリを塗って、紙をそっと置きます。筆を使って、紙を巻き込む感じで後ろ側に持って行きます。少し紙を多めにとると、背部にもしっかりと紙を巻き付けることができるので、強度がでます。

    装飾を加える

     デコパージュ用の紙以外にも、和紙やリーフのモチーフなどを交互に使ってコーティングします。あらかじめ、それぞれのパーツを使いやすいようにカットしたり、大きさがちょうど良いものを選んでおきます。

     和紙は、デコパージュでコーティングされていない箇所に貼り付けます。デコパージュのノリがある程度乾いたら、和紙を後ろからボンドで貼り付けていきます。

     ノリやボンドが乾いたら、全体にトップコートを塗ってツヤを出します。

    ミニライトをセット!

     ミニライトをセットします。ミニライトは、シルバーの部分に色を塗ってから、三角()り金具でエアプランツホルダーに取り付けました。スイッチ一つでライトがつくタイプのミニライトは、100円ショップなどでも様々な種類のアイテムが取り扱われています。お好みのものを選べば良いでしょう。


     トップコートが乾いたら、ライトに取り付けてみます。ライトをつけていない時も、インテリアとして置くことができます。

     ライトをつけて、明かりの位置を調整します。

    出来上がったら飾ってみましょう!

     ライトをつけて、光の作り出す幻想的な世界を体験してみましょう。ライトの色によっては、デコパージュの模様の文字が浮き上がったり、和紙のデザインが浮かび上がったりします。慣れてきたら、自分の好みに、ランプをカスタマイズして楽しんでください。

    DIY―naviとは
     株式会社トゥドゥが運営するDIY(Do It Yourself=日曜大工)に関する情報サイト。暮らしを豊かにするアイデア、住まいやインテリアへの一手間のかけ方を紹介します。ヨミウリ・オンラインはDIY―navi提供の記事をサイトに掲載、一緒に新しいライフスタイルを提案していきます。
    2017年11月07日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄