文字サイズ
    住まいに関する特集コーナーです。

    玄関掃除 毎日が気持ち良く

    げた箱換気 カビ・臭い防ぐ

    • 「靴底に泥が付いたまま放置すると、カビやシミの原因になります。ぞうきんなどで汚れを落としてから、げた箱にしまいましょう」と小松さん
      「靴底に泥が付いたまま放置すると、カビやシミの原因になります。ぞうきんなどで汚れを落としてから、げた箱にしまいましょう」と小松さん

     玄関は「家の顔」。

     ドアを開けて汚れや臭いがあると、来客に不快な思いをさせてしまう。毎日気持ちよく過ごすためにも、手入れのコツを知っておきたい。

     ハウスクリーニングを手がけるダスキン中野中央サービスマスター店(東京)の小松拓也店長によると、今の時期、玄関内のカビや臭いに悩む人は多い。換気の回数が少なく室内の空気がこもりやすいことや、結露が発生しやすいことなどが背景にある。

     玄関内をきれいな状態に保つポイントは、砂やほこりをこまめに取り除くこと。水分を含んで時間が経過するとカビやシミになってしまうからだ。

     まずは、げた箱。小松さんは、今の時期と梅雨の時期を含めた年2~3回の掃除を勧める。

     晴れた日に、できれば玄関のドアを開けて行う。履物をすべて出し、砂やほこりをほうきやモップで払い取り、ぞうきんで水ぶきする。「仕切り板は、取り外して1枚ずつ拭くと隅々まで汚れがとれます」と小松さん。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を活用するといい。その後、から拭きをして仕上げる。

     げた箱の扉は2時間ほど開け、風を通してから履物を戻す。その際、履物の汚れを取ることが大切。特に、靴底に注意する。げた箱に履物を詰め込みすぎると、湿気がこもりやすくなる。履かない靴を処分したり、季節はずれの靴は物置にしまったりするといい。

     小松さんは週1回、自宅のげた箱の扉を半日ほど開けるようにしている。「げた箱の中の換気で、カビや臭いが防げます」とアドバイスする。げた箱や靴の中に、活性炭を使った脱臭剤を置くのも手だ。

     ふだんから注意が必要。靴についた土や泥は玄関の外で落とすようにする。雨でぬれたり、汗でしめったりした靴やブーツは、乾かしてからげた箱の中に入れる。

     次は、たたき部分の掃除。

     「掃除機を使うと手入れが簡単」と話すのは、清掃会社「アクションパワー」(名古屋市)社長の大津たまみさん。

     掃除機のヘッドが、たたきに触れることに抵抗がある人は多い。そこで、大津さんは、掃除機のヘッドに、斜めにカットしたトイレットペーパーの芯をはめて掃除することを提案する=イラスト、写真=。

     掃除機で吸い取れない汚れは、水拭きをして落とす。履かなくなったデニム生地のパンツやスカートを小さく切って、ぞうきん代わりにするのもいい。デニム生地はタオル地などに比べて、かたくて丈夫なので、たたきにこびりついた泥汚れを落とすのに便利という。

     大津さんは「玄関は、他人の目に付く場所。気を配ってほしい」と話す。

    玄関の手入れのポイント
    ・げた箱やたたきの砂やほこりを放置しない。水分を含むとカビやシミの原因になる
    ・げた箱は年2~3回、履物をすべて出して掃除する
    ・げた箱の中には、履物を詰め込まない。履かない靴は処分したり、クローゼットにしまったりしよう
    ・げた箱の換気を心がけよう
    ・たたき部分は、掃除機を活用してこまめに砂やほこりを取り除く
    ・思った以上に他人に見られていることを忘れずに
    (小松さん、大津さんの話を基に作成)
    2015年02月12日 08時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄