文字サイズ
    住まいに関する特集コーナーです。

    省エネ住宅ポイントとは

    「エコ仕様」条件は様々

    • 省エネ住宅ポイント申請開始を控え、ショールームなどを訪れる人が増えている(東京都内で)
      省エネ住宅ポイント申請開始を控え、ショールームなどを訪れる人が増えている(東京都内で)

     省エネ性能の高い住宅を新築したり、改修したりすると、ポイントがもらえる「省エネ住宅ポイント」制度の申請受け付けが、3月10日に始まる。

     過去2回にわたって行われた「住宅エコポイント」制度が復活した形だ。利用条件が複雑な場合もあり、よく検討したい。

     省エネ住宅ポイント制度は、消費増税後の景気低迷を受けた、政府の緊急経済対策として実施される。2014年12月27日以降に契約し、16年3月末までに着工する住宅が対象。ポイントは、1ポイント=1円相当の商品や商品券と交換できる。

     一定の省エネ基準を満たした住宅を新築すると、一律30万ポイントがもらえる。前回は認められなかった完成済み新築住宅の購入も、基準を満たせば今回はポイント対象となる。

     現在住んでいる住宅の省エネ改修工事でも、ポイントが受け取れる。

     例えば、窓の断熱改修。内窓を取り付けたり、単板ガラスを断熱性の高い複層ガラスに交換したりするもので、1か所あたり最大で2万ポイントになる。一方、壁や床、天井に断熱材を施す断熱改修は、外壁で12万ポイントなど、ポイント数は多めだが、窓より大がかりな工事となるのが一般的だ。

     節水型トイレや高効率給湯器といった、環境に配慮した設備を3種類以上つける「設備エコ改修」もポイント対象だ。これらの改修と同時に、廊下や浴室などに手すりを取り付けたり、玄関の段差を解消したりすると、ポイントがさらに上乗せされる。

     こうした改修工事を組み合わせて行えば、ポイントは増えるが、最大30万ポイントという上限がある。ただし、同時に耐震改修も実施すると、最大45万ポイントまで受け取れる。

     また、中古住宅を購入し、断熱や耐震の改修を行う場合、改修でのポイントと別に、最大10万ポイントが加算される。

     ポイントの申請期間は、3月10日~11月30日。ただし、申請総額が予算額に達すると、期限前でも終了するので気をつけたい。国土交通省住宅生産課の豊嶋太朗さんは「過去の住宅エコポイントは、申し込みが殺到し、前倒しして終了しました。利用にあたっては早めの検討を」と話す。

     終了が近づいた場合は、同省が設けた「省エネ住宅ポイント事務局」のホームページ(http://shoenejutaku-points.jp/)で公表される。

     省エネ改修には、光熱費などが節約できるメリットもある。住宅設備メーカー、LIXIL(リクシル)の試算では、リビングと和室、トイレに内窓を取り付けると年間1万4000円の光熱費節減、浴室と洗面台、トイレを省エネ・節水型に取り換えると同4万7000円の光熱費・水道費節減になるという。

     同社の谷垣康之さんは「窓ガラスが結露しにくくなったり、風呂水がさめにくくなったりと、住宅の快適性も高まります。ただ、省エネ効果は住宅の構造や家族構成によって変わります。あらかじめ、工務店などによく相談してください」と話している。

    2015年02月26日 08時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄