文字サイズ
    住まいに関する特集コーナーです。

    ペット飼育 お助け家電

    抜け毛掃除機、自動餌やり

     イヌやネコなどペットを飼う人向けの「ペット家電」が充実してきた。抜け毛や臭い、不在時の餌やりなど、飼い主の様々な悩みに対応してくれる。

    気になるニオイ

     室内でペットを飼う場合、ソファやカーペットなどに抜け毛が付き、掃除に手間がかかる。トイレなどの臭いも気になるところだ。

     アイリスオーヤマは6月に、ペット用家電として掃除機「ペット用超軽量スティッククリーナー」と、「PM2・5対応空気清浄機」を発売した。

     従来型の掃除機では、ペットの毛が吸引口に絡まり、吸引力が低下しがちだ。この課題を解消するため、クリーナーは吸引口にスーツなどのゴミを払うエチケットブラシの繊維を採用。空気清浄機は、抜け毛をしっかり除去し、脱臭効果も高いフィルターを搭載した。

     富士通ゼネラルの脱臭機「PLAZION(プラズィオン)」は、アンモニア臭の吸着量を従来機種より4割高めたフィルターを採用。消臭成分の低濃度オゾンを放出するなど、3段階の脱臭方式を導入している。

    不在時も

    • 山佐時計計器の「わんにゃんぐるめ CD―600」は設定した時刻に自動で給餌してくれる
      山佐時計計器の「わんにゃんぐるめ CD―600」は設定した時刻に自動で給餌してくれる

     単身世帯や共働き世帯にとって気がかりなのが、不在時のペットの様子や餌やりだ。

     中央システム技研の「リモカ2」は、室内に置いておくと留守中のペットの様子を外出先からスマートフォンで確認できるカメラだ。飼い主はダウンロードした専用アプリから、カメラで撮影した現在のペットの映像を見られる。最大90秒の録画も可能。マイクを内蔵し、鳴き声を聞いたり、ペットに声をかけたりすることもできる。

     不在時の餌やりには、タイマーで指定した時間に自動で餌を与えてくれる自動給餌機が便利。山佐時計計器の「わんにゃんぐるめ CD―600」は、「ごはんですよ」などと呼びかける飼い主の声を録音し、給餌の際に流す機能もある。

     ヤマヒサの「プレシャンテ 電動ネイルヤスリ」は、ペットの爪を磨いて短く整える。爪に当てるだけで手軽に作業でき、ペットを飼い始めたばかりの不慣れな飼い主にとっては心強い。

    室内派が増加

     ペット家電が広がっているのは、室内でペットを飼う人が増えているためだ。一般社団法人「ペットフード協会」が2014年に実施した「犬猫飼育率全国調査」によると、ペットを飼う場所が「室内のみ」と答えた飼い主の割合は、イヌが40・8%、ネコが75・0%と、ともに10年と比べて10ポイント前後増加している。ペットと同じ空間で生活する家が増えた分、快適に共生したいという需要は高まっているようだ。

     家電を含むペット関連製品の市場は拡大している。調査会社の富士経済の推計によると、15年は前年比1・4%増の4143億円と、2年連続の拡大が見込まれている。(大郷秀爾)

    2015年09月15日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄