<速報> 知人女性殺害、元名大生に無期懲役判決…名古屋地裁
    文字サイズ
    住まいと暮らしに関わるニュースを掲載します。

    若い女性に人気「文通」の新しいカタチ

     メールやライン、ツイッターなどで手っ取り早く用件や情報を伝える時代。わざわざ手紙をやりとりする文通なんて、「とっくに遺物」と思っていたら、いま風にスタイルを変え、若者にも人気だという。意外。でもなぜ? (地方部 松崎美保)

    手紙を仲立ちする会社

    • 届いた手紙を熱心に読むコハルさん
      届いた手紙を熱心に読むコハルさん
    • 手紙を受け取り、うれしそうなコハルさん
      手紙を受け取り、うれしそうなコハルさん

     「あ、3通来てる。うれしい」。北関東で夫と2人暮らしのコハルさん(28)が、自宅の郵便受けから笑顔で封書を取り出した。趣味は文通。10人以上の文通仲間を持つ。

     手紙を開封すると、「好きな真田丸の話に熱が入っている」。コハルさんもさっそく真田丸や直虎の話題を返信に書いた。

     「コハル」は手紙の上でのペンネーム。仲間も「ねこさん」などと、それぞれのペンネームを名乗る。

     互いに本名も、配達に不可欠なはずの住所も知らない。有料で文通の仲立ちをする会社「文通村」(保科直樹社長)を通じて、手紙を交換しているのだ。

    「匿名」でトラブル防止

     入会すると、まず会報に自己紹介文を掲載する。会員はそれを読み、「この人となら」と思う相手に手紙を書き、同社に送る。

     同社は届いた手紙を宛先の会員ごとに振り分け、月2回、まとめて転送する。受け取った会員が同社経由で返信して文通開始。互いに望めばやり取りは続く。コハルさんは「カラオケや歴史が好き」と自己紹介し、すぐに歴史ファン同士の文通を始めた。

     同社は手紙の中継はするが、開封はしない。個人情報の悪用によるトラブル防止のため、本名や住所などの交換を禁じ、匿名(ペンネーム)でのやりとりをルールにしている。

    “1対1の対話”に安心感

    • コハルさんのもとにこれまで届いた手紙
      コハルさんのもとにこれまで届いた手紙
    • 届いた手紙は事務局スタッフが仕分けて転送する(千葉県成田市の文通村事務局で)
      届いた手紙は事務局スタッフが仕分けて転送する(千葉県成田市の文通村事務局で)

     匿名の良さは他にもある。保科さんは「匿名だから介護など周囲に打ち明けにくい悩みや、心の奥底にたまった思いでも素直に言葉にできます」と説明する。

     コハルさんは「男女関係なく気軽に手紙の交換ができます」と喜ぶ。手紙は1対1の対話なので、インターネットの世界のように、知らない人から心ない言葉を浴びせられる心配もない。

     そんな安心感が支持され、2009年5月の会社設立以来、会員は増加を続け、全国で約900人を抱える。9割が女性、半分が20~30歳代だという。

    伝わる真心 にじみ出る人柄

    • 「文通村」社長の保科直樹さん
      「文通村」社長の保科直樹さん

     保科さんが文通村を設立したのは祖母の死がきっかけだった。保科さんはおばあちゃん子だったのに、成人後は疎遠に。よく話もしないまま、祖母を送ってしまった。

     保科さんは悔やんだ。「高齢者が取り残されず、使いやすいコミュニケーションはないものか」。思案の末に得た答えが、高校時代に旅先の人と交わした文通。その仲介サービスでの起業へと道が開けていった。

    • 文通村事務局に届いたたくさんの手紙
      文通村事務局に届いたたくさんの手紙

     ペンを手にゆっくり文章を書くだけで自分の心も整理され、落ち着く。手紙をもらえば、一生懸命自分のために書いてくれた相手の真心が伝わってくる。

     「そんな癒やしと文面ににじみ出る人の温かさこそ、手紙や文通の魅力」。保科さんの言葉に、遠い友達に久しぶりに手紙を出そうと思い立った。

    文通…発祥は「郵便友の会」

    • 1949年6月5日に名古屋市で開かれた「郵便友の会」の発会式(日本郵便提供)
      1949年6月5日に名古屋市で開かれた「郵便友の会」の発会式(日本郵便提供)

     1949年に名古屋市で始まった中・高校生のための「郵便友の会」が、未知の相手同士を結ぶいわゆる「文通」の起源とされる。今も日本郵便が「青少年ペンフレンドクラブ」(PFC)の看板で運営し、会費無料で通している。

     毎月発行の会報に氏名と年齢、自己紹介を掲載。こちらも文通したい人がいたらPFC事務局に手紙を出し、事務局が転送する。その後は会員同士で手紙を交換する。

     以前は会報に住所も載せ、最初から事務局の仲介無く、直接手紙をやりとりしていた。だが、2003年の個人情報保護法の施行後は今のやり方に変えた。

     かつては数万人を誇った会員数は一時約5000人まで落ち込んだ。しかし、最近は入会希望が増え、8000人超まで回復した。10代の学生が多いという。

    グッズへのこだわりも楽しみ

    • 桜の模様など、季節感のあるレターセットが人気だ(東京都中央区の「銀座・伊東屋」で)
      桜の模様など、季節感のあるレターセットが人気だ(東京都中央区の「銀座・伊東屋」で)

     「文房具屋さんではつい私の好みにあったレターセットを2、3種類買ってしまいます。マスキングテープなど飾り付けのグッズも増えました」。コハルさんは苦笑いする。

     手紙の飾り付けも文通の楽しみ。便箋や封筒にもこだわりたいもの。

     そこで老舗文房具店「銀座・伊東屋」を訪ねると、「レターセットは一般的なA4サイズより一回り小さくて、今なら桜の模様入りなど季節を先取りしたものの売り上げが好調」(同店広報室)。好みの紙で封筒を手作りしたり、自分のイニシャルや好きなマークの封ろうをオーダーメイドしたりする人もいるという。

     こんな手紙ならではの創意工夫も相手への思いやり。文通村の保科さんも「装飾で自分らしい手紙を作って送り合うことも、文通の魅力です」と話している。

    文通村社長・保科直樹さんがアドバイス「文通4か条」
    ・最低限のマナーを守る
     手紙文の定型を気にして堅苦しくなるより、気楽な手紙のやりとりを楽しむべきですが、あいさつは欠かさず、安易に呼び捨てにしないなど、礼儀は守りましょう。
    ・相手の話に興味を持つ
     相手の話に興味を持ち、聞き上手になること。相手もうれしいですし、会話も深まって自分の世界も広がります。
    ・積極的に自分を話す
     聞いてばかりでもダメ。照れずに自分の興味や悩みも書くと、相手に自分のことをわかってもらえ、より親密になります。
    ・最初の手紙を出してみる
     気になった人には臆せず、勇気を持って自分から最初の1通を出してみましょう。新しい友情が生まれるかもしれません。

    ◆「文通村」や、その他の主な匿名・会員制文通サービス◆

    ・文通村(千葉県成田市)https://www.fumibito.com/

    会員数約900人。18歳~80代の男女。手紙は事務局の仲介で毎月2回発送。会費は3か月で2100円~。

    ・Letter Village(レタービレッジ、福岡県糸島市)http://www.lettervillage.net/

    個人経営。会員数約100人。18歳~80代の男女。手紙は事務局の仲介で毎週発送。会費は月1200円。

    ・葉小舟(はこぶね、さいたま市)http://hakobune-buntsu.com/

    個人経営。会員数約150人。18歳~80代の男女。手紙は事務局の仲介で毎月3回発送。会費は4か月で2700円~。

    2017年03月15日 09時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    ×

    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    読売ホームガイド×SUUMO